赤ちゃん連れの外出で知っておきたい注意点は? 持ち物や時間帯も!

「赤ちゃんはいつから外出させたらよいのか?」「赤ちゃん連れの外出に持っていくべきものを知りたい」という人は多いでしょう。生まれたばかりの赤ちゃんは基本的に家で過ごすことがほとんどですが、成長とともに少しずつ、赤ちゃんとの外出の機会が増えていきます。一般的に、赤ちゃんのお出かけデビューはいつごろがよいのでしょうか。

この記事では、赤ちゃんが外出できるようになる時期や外出するメリット・外出する際の注意点などをまとめてご紹介します。

  1. 赤ちゃんはいつから外出できるのか?
  2. 赤ちゃんが外出するメリットを紹介
  3. 赤ちゃん連れの外出で用意すべきものは?
  4. 赤ちゃんとの外出で注意すべきポイント3つ
  5. 赤ちゃんとの外出に関するよくある質問

この記事を読むことで、赤ちゃん連れの外出で持っていくと便利なアイテムや、外出におすすめの時間帯などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

続きを読む



おむつ漏れ対策を知りたい方へ! 主な原因や漏れないコツを詳しく!

赤ちゃんのおむつ漏れでお困りではありませんか? 赤ちゃんのおむつ漏れでは、汚れや臭いが発生して困ってしまいますよね。掃除や洗濯も大変ですし、外出先だと周囲に迷惑がかかるのも心配です。それに、赤ちゃんにも不快な思いをさせてしまうことでしょう。おむつ漏れ対策をきちんと行うためにも、まずは、どんな原因や場面で起こりやすいのかを理解する必要があります。

そこで今回は、おむつ漏れ対策について詳しく解説しましょう。

  1. おむつ漏れが起こりやすいのはどんなとき?
  2. おむつ漏れが発生する原因は?
  3. 赤ちゃんのおむつ漏れ対策
  4. おむつ漏れ対策に関するよくある質問

この記事を読むことで、おむつ漏れの原因や対策法がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

続きを読む



へこおびとベビーラップを徹底比較する〜あなたはどちらを選びますか?〜

北極しろくま堂では2019年より厚みのある生地を使ったへこおびを発売しています。主にジャガード(織り)を採用していますが、なかにはドビー(織り)の製品もあります。これまで厚みのある生地はベビーラップに採用することが多かったのですが、へこおびに使うようになった流れには理由があります。子どもの重みがかかっても使用者の負担になりにくい、体重の分散がしやすいというメリットがあるからです。

へこおびとベビーラップはカタチも用途も似ているので悩んでいる方も多いと思います。この記事を読めば、あなたがへこおびを選ぶべきかラップに行くべきか、どちらを選んだらよいのかすっきりわかりますよ!

目次

    1. へこおびとベビーラップの比較
      1-1.大きさと重さ
      1-2.できること、できないこと
      1-3.それぞれの起源
    2. へこおびをお勧めしたい方
      2-1.始めて布製の抱っこひもを使う方
      2-2.結び方や巻き方に悩みたくない方
      2-3.コンパクトに持ち運びたい方
    3. ベビーラップをお勧めしたい方
      3-1.抱っこやおんぶを徹底的に楽しみたい方
      3-2.布製抱っこひもに慣れた方
      3-3.ファッションとして楽しみたい方

続きを読む



ワンオペ育児を効率よく行うコツは? 心構えや息抜き法も詳しく解説!

「ワンオペ育児をしているけど、もっと効率よく行うコツを知りたい」「ワンオペ育児に挫折しないためのよい息抜き方法はないか」とお考えではありませんか? 今、育児を片親だけで行うワンオペ育児に注目が集まっています。仕事が忙しいなど何らかの理由があるとしても、ワンオペ育児をせざるを得ないのは、とても大変ですよね。本来なら子育てをひとりで行わざるを得ない社会を変えていくべきですが、今回はまず、少しでも負担を少なくするための方法をお伝えします。

  1. ワンオペ育児をしなければならないときの心構えは?
  2. ワンオペ育児を少しでも楽にするポイント
  3. ワンオペ育児に役立つ便利グッズ
  4. ワンオペ育児のママ・パパにおすすめの息抜き方法
  5. ワンオペ育児に関するよくある質問

この記事を読むことで、ワンオペ育児を少しでも効率よく行うポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

続きを読む



正高信男先生のスウォドリングの論文

手元に『布と人間』※という分厚い本があります。私が購入したのは2000年代の中頃だと思うのですが、当時は難しすぎて読めませんでした。

布は有史以前に発明されたもので、人の歴史に永く関わっています。布でぐるぐる巻きにされた赤ちゃんの絵や写真をみたことはありませんか? 布は子育てのなかでも、赤ちゃんの衣服から運搬用の道具までを担う重要なツールです。日本ではあまり馴染みがありませんが、「スウォドリング(swaddring)」という風習が世界各地に残っていて、子育てに役立つ布の使い方としてながく行われてきました。

この記事では、スウォドリングの風習が子育てにどのような機能を果たしているかを分析した論文「南アメリカ先住民の伝統的子育ての習慣であるスウォドリングの機能」(正高信男(1996). 『心理学研究』67(4), pp.285-291.)を紐解いてみます。内容は注釈がないものは全て当該論文からの参照です。

  1. スウォドリングとは
  2. 結果
  3. 考察など

続きを読む



中古抱っこひもの購入・使用の注意点(メルカリ・ラクマ・ヤフオク! など)

ここ数年で個人間売買をサポートするアプリケーションなどが広く知られるようになり、短い期間でサイズアウトする赤ちゃん用品などを個人間で販売・購入する方も増えているようです。サイズアウトのおむつや数回しか着せられなかったベビー服などは、誰かに活用してもらえれば無駄にならないし、少しお金になって戻ってきたら嬉しいですよね。

では、抱っこひもはどうでしょう。

抱っこひもは命を運ぶものですから、よく注意して充分検討して購入していただきたいもののひとつです。中古車を購入するなら、外側の見た目だけでなくほんとうにその車が安全なのかを考えますよね。抱っこやおんぶの安全は、赤ちゃんにとっても親御さんにとっても大切なことなので、フリマアプリで購入する場合の見極め点や注意点などをお伝えします。

  1. 北極しろくま堂製品の安全性のポイント
  2. メーカーや販売業者は中古品販売をどう考えているか

続きを読む



徹底解説! -ベビースリングの正しく安全な使い方 新生児から3歳まで

スリングって少し難しそう。バックルでパチンと止めるわけでもないし、赤ちゃんがどこにどうやって入ればいいのかわからない…。ベルトもないのに、赤ちゃんは落下しないの? そう思っているママやパパ。この記事はあなたのためにあります。

スリングユーザーからよく聞くご感想とその理由はー

  • スリングだとよく寝てくれる→リラックスした姿勢になるから。
  • 安定して抱っこできる→密着しないと使えない構造なので、お互いのからだがくっついているから。
  • 肩や腰に負担がない→からだ全体で赤ちゃんの体重を受け止めているから、一部が痛くなることはありません。
  • 両手が使える→怖くて赤ちゃんから手が離せないようだと、使い方が間違っている可能性があります。

子育ての強い味方になるスリング。安全に使って快適に過ごしましょう〜!

  1. ベビースリングってどんなもの?
  2. リングスリングの魅力ってなに?
  3. リングスリングの使い方
  4. リングスリングの注意点

続きを読む



赤ちゃんのうつぶせ寝は危険? リスクを防ぐための方法は?

「赤ちゃんのうつぶせ寝は危険なのか?」とお悩みではありませんか? うつぶせ寝のほうがよく眠れるイメージがありますが、時に赤ちゃんのうつぶせ寝は大人と違って危険が伴います。

この記事では、赤ちゃんのうつぶせ寝がもたらすリスクや、うつぶせ寝を防ぐための方法などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 赤ちゃんのうつぶせ寝は危険?
  2. うつぶせ寝をしてもよいのはいつから?
  3. 赤ちゃんのうつぶせ寝を防ぐ方法
  4. 赤ちゃんのうつぶせ寝に関するよくある質問

この記事を読むことで、うつぶせ寝による事故を防ぐ方法や、赤ちゃんが寝るときの注意点などが分かるはずです。

続きを読む



赤ちゃんの乾燥肌対策を5つ紹介! 受診のタイミングや注意点も!

「赤ちゃんの乾燥肌が気になる」「効果がある乾燥肌対策を知りたい」とお悩みではありませんか? 赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、乾燥による湿疹(しっしん)やかゆみなどのトラブルが起こりがちです。普段からスキンケアをしっかり行い、トラブルを防いであげましょう。

この記事では、赤ちゃんが乾燥肌になる原因やおすすめの乾燥肌対策などを詳しくご紹介します。

  1. 赤ちゃんが乾燥肌になる原因は?
  2. 赤ちゃんの体を洗うときはここに注意!
  3. 赤ちゃんの乾燥肌対策5選
  4. こんなときは病院へ
  5. 赤ちゃんの乾燥肌対策に関するよくある質問

この記事を読むことで、赤ちゃんの肌を乾燥から守るポイントや、毎日のスキンケア方法などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

続きを読む



昔ながらのおんぶ紐をクロスしないで使う方法

昔ながらのおんぶ紐がよいという話を聞いたことがあるママ・パパは多いでしょう。でも昔ながらのおんぶ紐は胸が強調されて恥ずかしいし、だいたい紐だけで赤ちゃんを背中に乗せるなんて怖すぎる! と思っていませんか。
胸が強調されない結び方と安全に赤ちゃんを背中に乗せる方法を解説します。

目次

  1. なぜ今「昔ながらのおんぶ紐」がいいの?
    1-1.親子が一体となって動ける
    1-2.子どもの視界が高い&広い
    1-3.長く使える、技術は一生残る
  2. 胸の前でクロスするのが嫌! クロスしないで使う方法
    2-1.クロスしないで使う方法(動画あり)
    2-2.なぜチベタンフィニッシュをするの?
    2-3.この方法が合わない人はいる?
  3. よくある質問
  4. まとめ

続きを読む



1 2 3 4 19