北極しろくま堂メールマガジン

vol.230 へこおびとリングの協演


へこおびとリングの協演


●へこおびにリングをプラス!

一枚で抱っこもおんぶもできるへこおびは、シンプルで荷物もコンパクトになると好評をいただいています。実は2003年発売と、密かなロングセラー商品なんですよ。

へこおびの幅をもっともっと広くしているBaby Wrapはリングを使うことで、より多様な使い方ができるようになっています。それって、へこおびは応用できないの? できるんです! ということで、ベビーラップほどのバリエーションはありませんが、リングを使った便利な使い方をご紹介しましょう。

●スリングとして使う(抱っこ)

1. へこおびの中心のマーク(ミドルマークと呼んで下さい)のところにリングを2つ通します。

へこおびにリングをプラスしてスリングとして使う方法①

2. リングをコサージュの位置に置いて、布を身体に巻き付けます。

へこおびにリングをプラスしてスリングとして使う方法②

3. スリングとおなじようにリングに通し、リングの上の布はギャザーを作ります。

へこおびにリングをプラスしてスリングとして使う方法③

4. 大きさは腰骨よりほんの少し上にあわせます。

へこおびにリングをプラスしてスリングとして使う方法④

5. 重なっている2枚の布をずらして赤ちゃんが入るポーチ(ポケット)部分を広げます。

へこおびにリングをプラスしてスリングとして使う方法⑤

6. スリングと同じように赤ちゃんを抱っこします。詳しくはこちら(どこかのバックナンバーをリンクして下さい)を参照して下さい。

へこおびにリングをプラスしてスリングとして使う方法⑥

7. 赤ちゃんの後頭部をしっかり引き締めます。布がどこに繋がっているかわからない場合は、布を手で触りながらだどってみましょう。

へこおびにリングをプラスしてスリングとして使う方法⑦

8. テールが長く余るので、赤ちゃんの体に被せたり、脚の下を通して腰に巻くと腰ベルト代わりになります。

へこおびにリングをプラスしてスリングとして使う方法⑧

●前結びで使う(抱っこ)

1. へこおびの中心のマーク(ミドルマークと呼んで下さい)のところにリングを1つ通します。

へこおびにリングをプラスして前結びで使う方法①

2. そのまま背中に垂らし、リングに通しながら装着していきます。布に直接通すよりも、リングの手触りで通す場所がわかりやすく、失敗が少ないです。

へこおびにリングをプラスして前結びで使う方法②

3. あとはいつもの前結び抱っこと同じように装着し、赤ちゃんを抱き入れて結びます。

へこおびにリングをプラスして前結びで使う方法③

4. 背中がすっきりします。

へこおびにリングをプラスして前結びで使う方法④

へこおびをスリングのように使用する方法はリングがなくてもできますが(詳しくはこちら)、リングがあると余り布が腰ベルト代わりになるので腰痛持ちの方にはお勧めです。

リングはへこおびの素材によって適切なものが変わります。ご紹介ページはこちらです。
お手持ちのへこおびによってお選びください。

〇 しじら織り全般:小径・アイボリー又はグレー(1,100円のもの)
〇 デフィ・カマイユ:アイボリー(1,100円のもの)
〇 ジャカード織り・Hishi・LennyLambコラボ商品:ミディアムアルミニウム(1,045円のもの)
 

へこおびは使いこなすと子育て生活がほんとうに便利でラクになります。絶賛オススメなので、ぜひチャレンジしてみてください!

赤ちゃんとおしゃべりできる近さで寄り添う 北極しろくま堂 キュット ミー!

キュット ミー!
しじら織り ゆずりは

価格:11,220円(税込)
きりっと引き締まる、濃い緑のゆずりは。フォーマルな場面にも、活発なアウトドアにも溶け込む、人気の色が数量限定で復活です。

商品紹介ページへ


キュット ミー!823
しじら織り みるめ

価格:10,670円(税込)
「みるめ」とは静岡地方の方言で、新茶の芽のこと。優しい薄緑色にママと赤ちゃんもリラックスできる色合いです。

商品紹介ページへ



へこ帯「オリンピアード/サンド」は明るいイエローで、気分をあげてくれます。新生児から抱っこができます。おんぶは首がすわってから。

へこおび
オリンピアード/サンド

価格:6,050円(税込)
元気で明るいイエローにオリーブ系のグレーの押さえが効いています。色の切り替えが使いやすいへこおびです。

商品紹介ページへ


おんぶひも ニー・トゥー・ニー
グレージュ/レモン(限定品)

価格:7,150円(税込)
あたたかみのあるグレージュに、爽やかなレモンの柄を合わせました。笑顔がこぼれるおんぶタイムになりそうです!

商品紹介ページへ



次号予告
親と赤ちゃんの体格別「おんぶ」の選びかた

Shirokumamail 9月号(231号)予告 親と赤ちゃんの体格別「おんぶ」の仕方

北極しろくま堂のおんぶひもには普通のサイズと「ニートゥーニー」サイズがあります。おんぶができるへこおびには薄手でコンパクトなしじら織りからぶ厚いジャカード織りのものまであります。私はどちらを選んだらいいの? と考えてしまう方も多いようなので、親と赤ちゃんの体格別にオススメのタイプを整理して解説します。もちろん、お父さんにも参考になりますよ。




【編集後記】

長い梅雨が明けて、一転、強い日差しに痛みを感じるような厳しい残暑。静岡県では浜松市が国内最高気温に並ぶ41.1度を記録しました。
お子様とのお出かけの際には、時間帯を工夫したり、日傘や木陰のある場所を歩くなど、ママとお子様の体調を第一に十分休憩をとってくださいね。

今年はどんな秋がやってくるのか。
おでこにチュっとキスができる距離で、赤ちゃんと一緒に季節の移り変わりをのんびり感じるひと時もいいですね。 

SHIROKUMA mail editor: NK

EDITORS
Producer & Creative Director Masayo Sonoda
Writer Mai Katsumi, Masahiko Hirano, Masayo Sonoda, Asami Yagi
Copy Writer Mai Katsumi, Masahiko Hirano
Photographer Yasuko Mochizuki, Yoko Fujimoto, Keiko Kubota
Illustration 823design Hatsumi Tonegawa
Web Designer Nobue Kawashima