北極しろくま堂メールマガジン

vol.222 北極しろくま堂20周年を迎えます!


北極しろくま堂 20周年を迎えます!


2019年12月、北極しろくま堂は20周年を迎えます。これもひとえにこれまで北極しろくま堂をお選びくくださったお客様とお仕事でお世話になったプロフェッショナルのみなさまのおかげです。
ハタチを迎えた北極しろくま堂のこれまでを年表で振り返ります。

 

2000年 12月

vol222_T1_01.JPG

● 北極しろくま堂誕生。ベビー用スリングの輸入販売を開始。

店主・園田が自身の育児で実感したスリングのすばらしさを伝えたいとの思いで個人輸入をするようになったのが始まり。「起業」という感覚ではなかったそう。
画像は店主が実際に使用していたスリング。「OTSBH 」というブランド名でした。


2001年 10月10日

vol222_T1_02.jpg

● インターネットサイトオープン

オープン当初のホームページは素人だった店主の園田がパソコン教室に通って作ったもの。当時はインターネットショッピングが日本で普及し始めたばかりの頃でした。 まだアマゾンは日本で営業をしておらず、楽天市場ものんびりした雰囲気でした。

画像は2つめに作ったサイトのトップページです。


2002年

● 昔ながらのおんぶひも製造販売開始

お客様からの「母の世代がよく使っていたばってんタイプのものがないから作って欲しい。」とのリクエストを受けて、老舗おんぶひもメーカーさんを訪ね、 昭和30年代の型紙を入手して試作を作りました。

当時のものは腰紐が長かったことが印象に残っています。キモノを着ているからなのか、「二人分食べなさい」と言われていた時代だったのかと興味が湧きました。変更したのは腰紐の長さとDカンにつくクッションのみです。

vol222_T1_03.jpg

2003年 2月

vol222_T1_04.jpg

● 米国スリングメーカーのOEM商品を日本製で製造販売開始


2004年

vol222_T1_03.jpg

● 北極しろくま堂 有限会社 に法人成り (2004.02.10)
 
● オリジナルの日本製スリング「キュット ミー! 」 販売開始(2004.10.10)
アメリカの製品は大きすぎると感じ、 日本人女性の体型に合わせた製品をと「キュット ミー!」 を開発。 発売から数度の改良を加え、今の形になりました。


vol222_T1_07.jpg

● へこおび発売開始
「昔は兵児帯でおんぶしてたよね」という親世代からの声を受け、へこおびを開発しました。呉服屋さんでほんものの兵児帯を購入して検討したり、長さをあれやこれや考えたりと楽しい時間でした。


2005年

● 自由が丘店の開店
初のリアル店舗として自由が丘店をオープン。

vol222_T1_08-10.jpg

● 受賞
店主の園田が日本商工会議所「第4回女性起業家大賞 最優秀賞」を受賞しました。また、日経ウーマン「日経ウーマンオブザイヤー2006 」を受賞しました。

vol222_T1_36.jpg

園田コメント:この時にはあまり気がつかなかったのですが、受賞者は本当にすばらしい活動されていることを後から知ることもあり、とても恐縮した覚えがあります。
お仲間に入れていただき、よい経験になりました。


2006年

● Babywearing Conference (米国) に初めて出席
開催の2ヶ月ほど前にこのような催しがあることを知り、急遽子ども3人を連れて訪米しました。これ以前から「軽く感じる抱っこと辛い抱っこがあるのはなぜなんだろう?」「子どもが嫌がったりする抱っこひもってどうしてあるんだろう??」などなど、抱っこやおんぶへの疑問があったため、このカンファレンスに参加すればそれが解明できるんだろうと期待しました。

しかし、カンファレンスはほぼ手技が中心で、私の疑問はほとんど明らかにはなりませんでした。ただ、アメリカではやっているものが知られたのは良かったですし、日本で私が教えていることはスタンダードで安全な手技であることもわかって安心したことを覚えています。

●受賞
店主の園田が静岡県「平成18年男女共同参画社会づくり活動に関する知事褒賞 」を受賞しました。

 

2007年

vol222_T1_11-12.jpg

● タートリーノ発売開始
中国のメイタイというおんぶひもを抱っこにも使えるように開発したものがタートリーノ。 腰ひも部分も結ぶタイプ。
首すわり前でも簡単に抱っこできると人気でした。


● オリジナルマント発売開始
フリース生地で赤ちゃんと一緒に暖まれるマント。ボタンや留め具を一切つけず、布の摩擦力で留まるよう形を工夫しました。

【メルマガ:こんなに便利! 北極しろくま堂のマント】
https://www.babywearing.jp/mailmagazine/141203#section01

vol222_T1_13.jpg

●神戸トアロード店 開店
神戸のおしゃれな通りのひとつ、トアロードにお店を作りました。

●メールマガジン創刊
店主・園田の「ベビーウェアリングを通して親子のよりよい関係づくりのお手伝いをしたい 」 という想いを、お客様によりわかりやすい形で効果的にお届けしようと始まったメールマガジン SHIROKUMA mail 。今回で222号を迎えます。商品の使い方や子育てのお役立ち情報、フォトコンテストなどを特集してきました。

(現在、サイトを作り直した際に一部のメールマガジンが読めない状態になっています。徐々に再アップしていく予定です)

 

2008年

●受賞
北極しろくま堂が内閣府「平成20年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者特命担当大臣奨励賞」を受賞。この時の特命担当大臣は野田聖子さんでした。

vol222_T1_14-15.jpg

2009年

vol222_T1_16.jpg

● タートリーノNEO発売開始。
タートリーノの腰ひもをバックル式に変えて、より使いやすくしました。


vol222_T1_17.jpg

●おんぶワンピ発売開始
おんぶひもの胸元を隠せるおんぶワンピも発売。
後継のマターナルの原型商品です。


vol222_T1_18.jpg

● へこおび取扱説明書にだっこの方法掲載
伝統的におんぶのみで使われていたへこおびを使って抱っこもできるよう提案を始めました。


● キュット ミー!、グッドデザイン賞受賞

vol222_T1_19.jpg

2010年

vol222_T1_20.jpg

● 出産祝いセット発売開始
ご出産祝いなどのプレゼントで色選びに迷ってしまわれる方のために、ちょっとお得でおまかせのセットをつくりました 。


2011年

vol222_T1_21.jpg

● マザリングチュニックマターナル発売開始
おんぶワンピをよりオシャレに。
妊娠中〜おんぶしなくなっても、ずっと使えるようアレンジできるマターナルを作りました。 胸が目立ちにくいリュック式チベタンフィニッシュのご紹介とともに、その役割を終え現在は販売終了です 。

● キュットミー!特許を取得
2003年に特許申請を出していたスリング「キュット ミー!」が特許を取得しました。可動式の中綿や肩パッド部分の縫製などが盛り込まれています。


2012年

vol222_T1_22.jpg

● へこおんぶ発売開始。
へこおびでのおんぶが難しいとのお声から、スタッフの発案で誕生したのが「へこおんぶ」。へこおびおんぶのハードルが下がりました。 現在は販売終了ですが、今なおお問い合わせをいただくことがあります。


●2013年

vol222_T1_23.jpg

● キュット ミー!キッズデザイン賞受賞。


● キュット ミー! HAND BOOK リニューアル
最低限のポイントをお伝えできるよう、 内容を大幅リニューアル。現在でも増し刷りの度に内容を見直し、修正を重ねています。

vol222_T1_24.jpg

● おんぶサロン開催(2013年〜 2014年)
全国の助産院などお母さんたちが集まる施設をめぐり、おんぶ講習を行いました。普段は接することが難しい各地の助産師さんやお母さんたちとお会いし、お話しするよい機会となりました。

vol222_T1_25-26.jpg

2014年

vol222_T1_27.jpg

● 日本のおんぶ育児の再提案 、ねんねこ半纏取扱い開始
寒い冬のおんぶと共に使われていたねんねこ半纏。おんぶ文化を見直して現代に復活させたい、という想いで2013年にイベントを実施 。続いて2014年に半纏の取扱いを始めました。 暖冬傾向もあってか、ご要望が少なくなり、現在は取り扱いをお休みしています。

【メルマガ:北極しろくま堂が提案するねんねこ生活】
https://www.babywearing.jp/mailmagazine/140212


2015年

● オリンピアードシリーズ発売開始
2020年東京オリンピック招致を記念して、五輪マークの色(青、黄、黒、緑、赤)をテーマとしたデザイン のスリング、へこおび を展開 。第一弾は青をイメージしたオーシャンでした。
その後、サンド(黄 2016年)、バンブー(緑 2017年 )、ストーン(黒 2018年 )、パッション(赤 2019年※ 2019年12月現在販売を一時停止しています。 )を発売。
布の上下で色が異なることで視覚的にもわかりやすいデザインとなり、ご好評いただいています。

【メルマガ:心を育てるベビーウェアリング オリンピアードシリーズご紹介ページ
オーシャン(青):https://www.babywearing.jp/mailmagazine/150603#section01
サンド(黄):https://www.babywearing.jp/mailmagazine/161005#section03
バンブー(緑):https://www.babywearing.jp/mailmagazine/170906#section03
ストーン(黒):https://www.babywearing.jp/mailmagazine/181003#section03
パッション(赤):https://www.babywearing.jp/mailmagazine/190306#section01

vol222_T1_28.jpg

 

● おんぶひもニー・トゥー・ニーサイズ発売
通常サイズよりも背当ての幅を広くすることで、大きくなってきたお子様のお尻をしっかりカバーすることができるように。さらに肩ひもの幅も広めにして、お母さんの体への負担が少なくなりました。

【メルマガ特集:ニー・トゥー・ニーサイズの魅力をお伝えします】
https://www.babywearing.jp/mailmagazine/161207#section01


2016年

vol222_T1_29-30.jpg

● 北極しろくま堂オリジナルベビーラップ“ Wrap you?”発売
「日本の気候にあったベビーラップを日本で織って、日本で縫製して売り出したい!」との思いで開発した Wrap you? 。開発から発売まで1年以上の時間を要しました。ジャカード織りの記事はふんわりやわらか。海外ブランドの生地と比べると薄くて軽いので、ベビーラップ初心者の方にとって扱いやすいです。

【メルマガ:Coming Soon!北極しろくま堂Wrap you?】
https://www.babywearing.jp/mailmagazine/160113#section01


vol222_T1_31.jpg

● ホームページリニューアル!
ホームページデザインを一新! 明るいイメージのサイトとなりました。メニュー構成も見直し、お客様が欲しい情報を見つけやすいサイトを目指しました。


2017年

vol222_T1_32.jpg

● ポーランド Lenny Lamb社 WrapTai 取り扱い開始
タートリーノNEO の販売終了に伴い、メイタイタイプの抱っこひもとして WrapTaiを輸入しました。その他 Lenny Lamb 社の商品の日本への輸入は北極しろくま堂が独占的に行えるようパートナーシップ契約を結びました。

【メルマガ:日本初上陸 LennyLamb(レニーラム)のWrapTaiを販売します!】
https://www.babywearing.jp/mailmagazine/170510#section03

【メルマガ:WrapTaiの使い方解説!】
https://www.babywearing.jp/mailmagazine/170607#section01
【メルマガ:Wrap Tai応用テクニック】
https://www.babywearing.jp/mailmagazine/170802#section01


vol222_T1_33.jpg

● 遠州織物ツアー開催
6月に念願の織物ツアー開催!日本屈指の織物の産地である遠州(静岡県西部)地区の織物・染物関係の工場や施設をめぐり、 1 枚の生地が出来上がるまでの行程を学びました。


● Instagram 、 LINE@サービス開始
新商品のお知らせや北極しろくま堂カスタマーセンターの日々の様子などをInstagram でアップし始めました。
また、LINE@ を使って 購入前のお問い合わせや使い方のご相談をお受けするように。 お客様と 1 対 1 のチャットでやり取りができ、写真も気軽に送れることからご好評いただいています。

 

2018年

vol222_T1_34.jpg

● MAMADAYS に動画アップ
ママ向けメディアMAMADAYS 様からご依頼をいただき、キュット ミー!、おんぶひも、へこおび、 Wrap you? の使い方動画をアップしました。プロの編集のおかげで、北極しろくま堂スタッフの手作り動画よりもわかりやすいです。アフターフォローの際にもお客様にご紹介しています。


2019年

●BW Rhapsody (ベビーウェアリング ラプソディ) デビュー
新シリーズ・BW Rhapsody をリリース。 北極しろくま堂が伝統技術の職⼈さんやクリエイターさん、専⾨家の⽅々とコラボレートして作ったシリーズです。第一弾は 京都の印染工房”スギシタ有限会社”のご協⼒をいただき、無染⾊のまっしろなしじら織りの⽣地に花と⿃をモチーフにしたsuisui /グレーを染めました 。

【メルマガ:北極しろくま堂 新シリーズ BW Rhapsody】
https://www.babywearing.jp/mailmagazine/190109#section01

vol222_T1_35.jpg

●2020年

???

 

 

年表には載せられないような事件あり、ハプニングあり、もちろんよろこびあり。。。

店主・園田より、この20年を振り返ってのコメントです。


最初はチラシ一枚から始めた北極しろくま堂ですが、気づくと20 年にもなろうとしています。いつの頃からか、北極しろくま堂は私のライフワークとなりました。 2003年の晩夏には「昔ながらのおんぶひも」が爆発的に売れました。その当時のことは記憶がないくらい忙しかったです。その時に税理士さんに法人化することを勧められ、「この日本でこれだけの人があなたの商品を待っているんだから、ちゃんと責任の所在を明らかにして、しっかりやっていきましょう」と言われました。今振り返ると、そこで腹が据わった気がします。

様々なハプニングがあってもこれまでやってこられたのは、当社の抱っこひもやおんぶひもを使った瞬間のお母さん方の表情が忘れられないからです。ほっとした顔や花が咲いたようなふわっとした笑顔。私も 2000年3月に初めて我が子にスリングを使った時には同じような表情をしていたと思うのです。

20年の間に日本という国は混沌としてきたように感じています。少子化もずいぶん進みました。それでも人が人を育てるという原始的な行為は変わらないと信じています。

北極しろくま堂はその何十万年も続いてきた『子育て』を 、 陰ながらサポートする存在であり続けたいと思います。

(店主・園田正世)

 

糸、織りからこだわった、北極しろくま堂オリジナル生地。
布の肌触りに包まれて、抱っこやおんぶの幸せなひとときを。


へこおび
Hishi もも×オリーブ

価格:8,800円(税込)
柔らかいもも色とシックなオリーブが優しい印象のへこおびです。重たくなってきたお子さんの抱っこ・おんぶにおすすめです。

商品紹介ページへ


キュット ミー!823
Hishi もも×オリーブ

価格:13,200円(税込)
太めの糸を使用し、ダイヤモンド織で柔らかく可愛らしいイメージに織りあげました。ホールド力抜群です。

商品紹介ページへ



へこおび
しじら織り・綾織り
デフィ/R(限定品)

価格:7,700円(税込)
深みのあるレッドが上品なチェック柄。ダークトーンが増える秋・冬コーデのさし色に。抱っこが嬉しくなる一枚です。

商品紹介ページへ


キュット ミー!823
しじら織り・綾織り
デフィ/R(限定品)

価格:14,300円(税込)
限定品のデフィ/R。通常のしじら織りよりも張り・厚みのある生地で抱っこをしっかりと支えてくれます。

商品紹介ページへ



インフォメーション
クレジットカードでお支払いのお客様に5%還元


top_slide_07.png

消費税率引き上げに伴う需要平準化対策として、キャッシュレス決済をご利用の場合に”ポイント還元”を受けられる「キャッシュレス・消費者還元事業」がスタートしています。

2019年12月1日から2020年6月30日までの期間、当店でもクレジットカード決済でお買い物していただいたお客様は、”5%”のポイント還元が受けられます。実質、増税分以上の還元が受けられるサービスとなっておりますので、ぜひこの機会に、お得にお買い求めくださいね。ポイントの還元方法や上限、タイミングなどはご利用のクレジットカード会社ごとに異なります。

詳しくはご利用のクレジットカード会社・金融機関のウェブサイトなどからご確認ください。

 

 

次号予告
20周年、こんなことを企画しています!

vol222_jigou.jpg

創業20周年を迎えた北極しろくま堂。

ハタチの年を記念して、2020年は抱っこやおんぶが快適に、楽しくなる企画を打ち出したい!
北極しろくま堂が考える20周年のお祝い企画をご紹介します。




【編集後記】

あっという間に師走になった2019年。みなさんはどんな年でしたか? 北極しろくま堂にご関心があるということは、赤ちゃんがお生まれになったのでしょうか。
おぎゃあと産まれた北極しろくま堂も20周年(19歳)を迎えました。長かったような短かったような…。たくさんのことがありました。今後もながく事業を続けていき、これから産まれる赤ちゃんと親御さんのために働いていきたいと思います。
2019年もあと1カ月。体調に気を付けて、楽しいクリスマスシーズンをお過ごしくださいね。
良いお年をお迎えください!
SHIROKUMA mail editor: MS

EDITORS
Producer Masayo Sonoda
Creative Director Mai Katsumi
Writer Mai Katsumi, Masahiko Hirano
Copy Writer Mai Katsumi, Masahiko Hirano
Photographer Yasuko Mochizuki, Yoko Fujimoto, Keiko Kubota
Illustration 823design Hatsumi Tonegawa
Web Designer Nobue Kawashima