北極しろくま堂メールマガジン

vol.121 2012.10.10


キュット ミー!、キュット ミー!823


北極しろくま堂の定番スリングは2種類。

あなたにピッタリなのは、「キュット ミー!」? それとも「キュット ミー!823」?

vol121_t1_01.jpg

キュット ミー!

vol121_t1_02.jpg

キュット ミー!823


違いは2つ。肩パッドの厚みとレールの綿の有無です。

キュット ミー!は北極しろくま堂のスタンダード。肩パッドでママの肩を、レールの綿で赤ちゃんの頭をしっかりホールドします。

キュット ミー!823はコンパクトタイプ。使い心地は重視しながら肩パッドはボリュームをおさえ、レール部分の綿をなくしました。

どちらが自分にぴったりなのでしょう? ベビーウェアリングコンシェルジュに聞いてみました。

Q1

「赤ちゃんは生後2ヶ月。初めての子育てで不安です。キュット ミー!のほうがいいだろうけど、コンパクトな823もいいな。」


ベビーウェアリングコンシェルジュのアドバイス

キュット ミー!がお勧めです。やはりレールの綿が入っている方がスリング初心者には使いやすいです。お首がすわればレールの綿は取り外せるので、かなりコンパクトに使うこともできますよ。」



Q2

「赤ちゃんは生後4ヶ月で大きめ。スリングは難しいと聞いたので、不器用な私にはキュット ミー!のほうがいいのかな。」


ベビーウェアリングコンシェルジュのアドバイス

キュット ミー!823でも良さそうですよ。お首がすわってからはレールの綿がなくても問題なく使いこなせます。赤ちゃんの背中部分や膝裏部分がすっきりしていて、特に大きめの赤ちゃんはレールの綿がないほうが入れやすいことも多いです。」



Q3

「赤ちゃんは一人目でもう生後8ヶ月。不器用な私でもスリングは使えるでしょうか。子どもはもう一人ほしいので、二人目でも続けてスリングを使いたいんです。」


ベビーウェアリングコンシェルジュのアドバイス

「月齢が大きくなれば、スリングは簡単にマスターできますよ。ただ、新生児の扱いに自信がなければキュット ミー!がおすすめです。お一人目はレールの綿を取り外して使っていただき、お二人目が生まれたら綿を入れて使うこともできます。」



Q4

「赤ちゃんは生後2ヶ月。二人目の子どもですが、スリングを使うのは初めてです。コンパクトなのが魅力的ですが、やはりキュット ミー!の方がいいのでしょうか。」


ベビーウェアリングコンシェルジュのアドバイス

「赤ちゃんの扱いに慣れていらっしゃるようなら、キュット ミー!823がいいでしょう。首がすわる前の赤ちゃんでもお二人目のままならキュット ミー!823を問題なく使いこなせる方が比較的多いですよ。」



子育ての環境、使用者のニーズ、赤ちゃんの月齢などで、お勧めのスリングは変わります。
迷ったら、お気軽にベビーウェアリングコンシェルジュにご相談ください。

ご相談はホームページの「お問い合わせ」もしくはカスタマーセンター(054-653-4700)で受け付けています。

 


 

次号予告
月齢別☆キュット ミー!使い方のワンポイントアドバイス

img-yokoku1.jpg

キュット ミー!の使い方は月齢が進むと、気を付けるポイントも少しずつ変わります。

「ここだけは押さえて!」というポイントをわかりやすく解説します。




【編集後記】

「孫育て」という言葉をあちこちで目にします。兄弟が三人余人いるのが当たり前だった昔はおじいちゃんおばあちゃんの手を借りずに子育てするのが難しいくらいだったから、みんなで子育てをしていることが普通でした。今は子どもが減り、一人の子どもに対して面倒を見られる大人がたくさんいるとおじいちゃんおばあちゃんはどうやって手を出すべきか考えてしまわれるのかもしれませんね。
そんなおじいちゃんおばあちゃんが、昔ながらのおんぶひもやへこおびでの日本の伝統的なおんぶの良さを伝えることで、子育てに参加しやすくなる。「おんぶ」をキーワードに赤ちゃんを取り巻く家族の新しい幸せな形が見えてくるといいなと思います。

SHIROKUMA mail editor: MK

EDITORS
Producer Masayo Sonoda
Creative Director Mayu Kyoi
Writer Mayu Kyoi, Masahiko Hirano
Copy Writer Mayu Kyoi, Masahiko Hirano
Photographer Yasuko Mochizuki, Yoko Fujimoto, Keiko Kubota
Illustration 823design Hatsumi Tonegawa
Web Designer Chie Miwa