BLOG ブログ

おんぶ紐の種類と歴史

いまどきおんぶする人はいるの? と疑問に思う方もいるかもしれません。はい、いらっしゃいます。おうちの中だけでおんぶするから、おんぶ姿を見ることがないだけです。古くからおこなわれていた「おぶう」という育児行為は令和の日本でも現役です。 おんぶ紐の種類 おんぶができるもの、おんぶする道具として使われてきたものをご紹介します。 “昔ながらのおんぶひも” 背あて・頭あてつきタイプ 背当て・頭あてつきのおん […]

4ヶ月からの抱っこ編〜キュット ミー!のつかいかた

ご注意:ここでご案内する抱っこのしかたは、3か月健診(地域によっては4か月健診)で赤ちゃんの股関節に異常がないと診断されたらお試しいただけるものです。 月齢が小さくてもどうしても横抱っこが好きな赤ちゃんや外を見ながら過ごすことが好きな赤ちゃんには「よこ抱き」や「ゆりかご抱き」もできます。その時には、使用者が以下のことに気をつけてください。 赤ちゃんの脚は決して伸ばしたり閉じたりすることなく、布団で […]

はじめに・準備編—キュット ミー!のつかいかた

はじめに このページではキュット ミー!の使い方を紹介します。これは世界中のベビースリング(リングスリング)の使い方の基本でもあります。そのためここでは弊社商品を指すキュット ミー!ではなく、スリングという一般名称も並記しますので、ご了承ください。 スリングで実際にお子さんを抱く前に、人形などを使って着脱の仕方を試し、スリングの付け外しやスリングの長さ調節の仕方に慣れましょう。必ず抱っこする人(お […]

新生児からのだっこ編—キュット ミー!のつかいかた

布製抱っこ紐全般では、新生児の赤ちゃんも縦方向に抱っこします。頭部はやわらかく、かつしっかりと支えるか、使用者の身体にもたれるような姿勢をとります。キュット ミー!=スリングです。 新生児の基本抱き(0~3ヶ月くらい) 準備編でご紹介した「コアラ抱っこ」をスリングで実践し、『新生児の基本抱き』をやってみましょう。この抱き方は「寄り添い抱き」「腰抱き」「たて抱き」とほとんど同じですが、体格が小さい分 […]

スリングの事故事例について

2010年3月26日付けにて、国民生活センターから『スリングや抱っこひもなど赤ちゃん用子守帯に注意 -窒息、転落、股関節脱臼の危険性も-』が報道発表資料として提出されました。これを受け、各報道機関による報道がなされ、当社にもご不安を感じる消費者の方々からお問い合わせをいただいたことがあります。このことについて、当社では以下のように対応しておりますのでご報告します。同報道発表資料に基づきそれぞれ回答 […]

赤ちゃんが激しく泣く原因は? 対処方法とともに解説!

赤ちゃんは泣くのが仕事と言いますね。しかし、激しく泣くと新米パパやママは困ってしまいます。赤ちゃんが激しく泣く原因はさまざまですが、多くの場合は命に関わることはありません。とはいえ、長時間激しく泣き続ければパパやママは心配になることでしょう。そこで今回は、赤ちゃんが激しく泣く原因や対処法、やってはいけないことなどを解説します。 この記事を読めば、すぐに病院に行ったほうがよい目安なども分かることでし […]

北極しろくま堂の安全なスリングリング

リングスリングにはリングが欠かせません。リングは大は小を兼ねず、また小さいものは厚手の布には使いづらいものです。北極しろくま堂では3種類のリングを製造し、アルミニウムリングをアメリカのスリングリング社から直接輸入しています。今回は「北極しろくま堂の安全なスリングリング」ができるまでをご紹介します。 北極しろくま堂のスリングリング 大切な赤ちゃんを抱っこするスリングのリングは極めて高い安全性が求めら […]

キュット ミー! できあがり!

北極しろくま堂の完全オリジナルスリング「キュットミー!」。安全性と使い勝手の良さをとことん追求した結果生まれた“こだわり”の数々は、これまで「キュットミー!の5つのこだわり」や「特集 しじらのはなし」「北極しろくま堂の安全なスリングリング」などで特集記事としてご紹介してまいりました。今日は、縫い手さんたちの手によって1枚の生地がキュットミー!のかたちに出来上がってゆく「縫製の様子」を公開いたします […]

vol.238 医療機関で抱っこやおんぶの相談会を開催しています!

News・相談会情報はこちらへ 医療機関で抱っこやおんぶの相談会を開催しています!クリニックでの抱っこやおんぶの相談会レポ 赤ちゃんが生まれてから、「あれ、抱っこってどうやってやるんだろう?」と迷った経験のあるお母さん、お父さんは手を挙げてください。ほーら、たくさんいますよね。あなただけではないのです。 首がすわっていないから横抱きしているけど、どうもたて抱きのほうが好きみたい。いいのかな? ダメ […]

おんぶ紐ができるまで

昭和30年代の型紙をリバイバルさせて現代に復活した、北極しろくま堂の昔ながらのおんぶひも。日本はもちろん世界中のお母さんたちから支持されるこの製品が、どのようにしてできあがるのか—今回はおんぶひもの工程をご紹介します。 型入れと裁断 広げた反物の上へ、おんぶひもの型紙をトレースした紙をのせます。生地をできるだけ無駄にしないよう綿密な計算をしながら、反物に合わせて型紙を入れ込む作業を「型入れ」といい […]

1 7 19