BLOG ブログ

おんぶひも

1/2ページ

おんぶするなら「昔ながらのおんぶ紐」にするべき3つの理由

おんぶすることとBabyをCarryすることは違います。だいぶ、かなり違います。赤ちゃんは運ばれるだけの存在ではありません。おんぶの時間はあやし、時間を共有し、世界を知るための時間になります。そのために使われてきたのは「昔ながらのおんぶ紐」なのです。

日本のアニメにみる腰が痛くならないおんぶのコツ

くびが座ってやっとおんぶができるようになったと思ったら、腰が痛くてたまらない! というお悩みをお持ちの方にお勧めの記事です。なぜ腰が痛くなるのかの理由と予防法、快適なおんぶのコツをお伝えします。おんぶじゃなくて抱っこで腰が痛くなる方はこちらの記事をどうぞ。

昔ながらのおんぶひもの使いかた

伝統的な道具はそれほど手間をかけなくても使用できるようになっているものです。昔ながらのおんぶひもも慣れれば赤ちゃんを待たせることなく、さっとおんぶできるようになります。現代では、昔ながらのバッテンの結び方だけでなく、リュックのようにして胸が目立たなくなるような方法もあります。 背あて頭あてつきおんぶひも はじめにおんぶひもはお子様のおくびがすわってから体重が15キロ未満まで長くご利用いただけます。 […]

おんぶ紐の種類と歴史

いまどきおんぶする人はいるの? と疑問に思う方もいるかもしれません。はい、いらっしゃいます。おうちの中だけでおんぶするから、おんぶ姿を見ることがないだけです。古くからおこなわれていた「おぶう」という育児行為は令和の日本でも現役です。 おんぶ紐の種類 おんぶができるもの、おんぶする道具として使われてきたものをご紹介します。 “昔ながらのおんぶひも” 背あて・頭あてつきタイプ 背当て・頭あてつきのおん […]

vol.231 親と赤ちゃんの体格別「おんぶ」の選び方

News・相談会情報はこちらへ 親と赤ちゃんの体格別「おんぶ」の選び方 親の体格別おんぶひもの選び方 商品選びをするときには、主に使用するひとを基準に選びましょう。以下は女性の体型別にしていますが、なかでも男性の体型で注意すべき点がある場合は掲載しています。ベビーラップはベースサイズは大きい方を、ショートサイズは小さい方の数字を参考にしてください。  <やせ型:洋服のサイズが7号以下> ◎ へこお […]

vol.224 もう面倒なんて言わせない! ささっと抱っこ、ささっと降ろす

News・相談会情報はこちらへ もう面倒なんて言わせない! ささっと抱っこ、ささっと降ろす 子どもが歩くようになると困るのが「歩く~あるく~! じぶんで~!」という自己主張です。急いでいるときや混み合っている中では難しい。決死の覚悟で歩かせるとどこにいくかわからない。その次が「だっこ~! だっこ~」の叫びですね。だいたいパターンが出来ています。日本中の88%がこんな流れです。(88%は根拠はありま […]

vol.205 昔ながらのおんぶひも 高くおんぶするためのコツまとめ/新色「カマイユ」発売です!

News・相談会情報はこちらへ 昔ながらのおんぶひも 高くおんぶするためのコツまとめ おんぶができる商品の中で、一番簡単でさっとおんぶができるのが「昔ながらのおんぶひも」です。とはいえ、初めて使う人にとっては、そう簡単にとはいかないようです。「高くならない」「位置が下がってしまう」というお問い合わせを多数いただきます。 説明書では語りきれない、高くおんぶするためのコツをまとめてご紹介!おんぶひもの […]

はじめてのおんぶ。やり方と注意点

最近、おんぶの良さが見直されているようです。InstagramなどのSNSには「#はじめてのおんぶ」がいっぱい投稿されています。この記事でははじめてのおんぶがスムーズにできるおんぶ紐の選び方ややり方、注意点をご紹介します。 はじめてのおんぶに最適なおんぶ紐 「おんぶひも」で検索するとたくさんの商品がでてきますね。どれがどういいのか? そもそも私たち親子にぴったりなものってどんなの? という疑問にお […]