BLOG ブログ

商品のつかい方

1/5ページ

スリングはこんなときに便利! 特徴や使い方、選び方のポイントを解説します。

「スリングを使ってみたいけど種類が多すぎてどれを選んでいいか分からない」「スリングと抱っこひもの違いを知りたい」という人はいませんか? スリングは2000年代初めから注目を集め始め、進化を続けているベビーグッズです。「スリングが便利」という声がたくさんある一方で、「安全性は大丈夫?」「自分に使いこなせるか不安だ」と思うパパやママもいることでしょう。そこで今回は、スリングと一般的な抱っこ紐との違いや […]

新生児から首すわり前までのお勧め抱っこ紐

2週間健診などもあって、生後すぐの新生児期にお出かけすることもあります。その時に使いたいのが抱っこ紐ですね。ベビーカーはまだ買っていないし、素手だけで抱っこしていくのもなんだか不安…、という親御さんも多いと思います。首回りのフォローも完璧で、家族みんなで使える抱っこ紐を紹介します。

おんぶするなら「昔ながらのおんぶ紐」にするべき3つの理由

おんぶすることとBabyをCarryすることは違います。だいぶ、かなり違います。赤ちゃんは運ばれるだけの存在ではありません。おんぶの時間はあやし、時間を共有し、世界を知るための時間になります。そのために使われてきたのは「昔ながらのおんぶ紐」なのです。

日本のアニメにみる腰が痛くならないおんぶのコツ

くびが座ってやっとおんぶができるようになったと思ったら、腰が痛くてたまらない! というお悩みをお持ちの方にお勧めの記事です。なぜ腰が痛くなるのかの理由と予防法、快適なおんぶのコツをお伝えします。おんぶじゃなくて抱っこで腰が痛くなる方はこちらの記事をどうぞ。

はじめての抱っこ紐にスリングを選ぶべき7つの理由

  • 2021.06.10
  • 更新日:2021.07.15

ベビースリング(スリング)は古代エジプト時代にも使われていたカタチです。このカタチが親にも赤ちゃんにも便利で心地良かったから永く続いているのです。初めての抱っこ紐にスリングを選ぶことで、親子に さまざまなメリットがあります。

スリングで横抱きしない方がよい理由は?スリングは縦方向の抱き方が世界のスタンダード

日本では推奨するスリングの使用方法として2007年から縦方向の抱き方『新生児の基本抱き』に変更されており、新生児であっても縦方向に抱っこすることが推奨されています。これは日本小児整形外科学会でも推奨されている抱き方です。欧米でも2010年から同様に変更しています。縦方向に抱っこしても頭部が適正に安定されていれば,頚(くび)への影響は横に寝ている時と同じ程度でほとんどありません(Siddicky e […]

ベビーラップの使いかた

ベビーラップとは赤ちゃんを抱っこしたりおんぶしたりするための長くて大きな布のことです。自分の体型と巻きたいかたちに応じてサイズを選びます。サイズ選びについてはこちらをご覧ください。慣れるまでに練習が必要ですが、使いこなせるようになれば密着感と安定感がある抱っこ・おんぶができます。1枚の布で何通りもの巻き方ができるのもベビーラップの楽しみのひとつです。 抱っこ・動画で流れを確認しましょう 下の動画で […]

抱っこ紐の使いかた

抱っこひもとは抱っこをするために使う道具のことです。子守帯とも呼ばれます。“ひも”や“帯”と付いているのは昔の日本人が着物の帯や一本ひもを使っておんぶしていた名残だと考えられます。抱っこひもには、その形や素材によってさまざまな種類があります。ここでは赤ちゃんが入る部分が中心にあり、ストラップや肩ひもなどがそこから出ている形状のものについて説明します。 ハグリーノの使い方 はじめに ハグリーノは新生 […]

1 5