子育て情報 一覧

子育てに必須!? 赤ちゃん用の「あると便利なグッズ」を紹介します。

子育て子どもを育てる方にとって、赤ちゃん用便利グッズは欠かせないものです。
お出かけの時に、どうしても手が離せないときに、さまざまな便利グッズが役立ってくれます。
ここでは市販の赤ちゃん用便利グッズはもちろんのこと、「これがあると赤ちゃんが喜ぶもの」「赤ちゃんようにも使えるもの」などをご紹介します。
1日中一緒にいることが多いママは、ぜひ便利グッズで快適な育児を。赤ちゃんもママも、楽しい毎日が送れるように工夫してくださいね。

続きを読む



新生児の事故を防ぐ ~新生児によくある事故と事故防止対策~

親子生まれたての赤ちゃんは小さくて柔らかく、抱っこするにも気を使う存在です。
ちょっとしたことで赤ちゃんがけがをしてしまったり、時には命にかかわるような状態になってしまったりします。
大切な赤ちゃんが危険な目に合わないよう、事故対策はしっかりと行っておきましょう。
この記事では、新生児に起きやすい事故と対策方法をご紹介します。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる方は、参考にして赤ちゃんを事故から守ってあげてください。

続きを読む



生まれたばかりの赤ちゃんが泣きやまないとき

泣く赤ちゃん赤ちゃんが泣いている声って新米ママにとっては時にキョーフだったりしますよね。おっぱいは飲んだばかりだしおむつも替えた、着替えもしたし、抱っこでゆらゆらしてるし・・・。なんなんだ〜! って叫びたくなる気持ちもよくわかります。
今日は新生児ちゃんが抱っこしても泣きやまない時の対応について紹介します。

続きを読む



新生児の抱っこの注意点

産まれたばかりの赤ちゃんは寝ている時間が多いですが、授乳の時はもちろん泣きやまない時には抱っこしてあげたくなりますよね。もちろん(入院中は産院の方針もありますが)抱っこしても良いのですよ。というより、積極的に触れて抱っこしてあげるとその後の母子関係にも良い影響があると考えられていますので、躊躇せずにGo!Go!
でも首がぐらついている赤ちゃんに触ったこともないし、ましてや抱いたこともないというママ、そしてもっと多いのがパパでしょう。
今日は新生児ちゃんを抱っこする時の注意点をご紹介します。

続きを読む



つらい夜泣きから解放されたい! 赤ちゃんの夜泣き3つの対策

赤ちゃん産まれたばかりの赤ちゃんに付きまとうのが「夜泣き」です。
産まれた直後ではなく、たいていは生後数か月たってから夜泣きが始まります。
夜泣きが続くと寝不足が続き、特にお母さんの体に大きな負担になります。
子供が憎たらしく感じてしまうことも決して珍しいことではないでしょう。
では、夜泣きにはどんな対策をすればいいのでしょうか。
さまざまな夜泣き対策をご紹介しましょう。

続きを読む



抱っこ続きでも腱鞘炎にならないコツ

新しく抱っこ紐を買う方に改めて聞いてみると「腱鞘炎になったから」という理由が意外に多いものです。抱っこってやっぱり腱鞘炎になっちゃうの? とマタニティのプレママは心配になりますよね。
今日は抱っこでも腱鞘炎にならないふたつの方法をご紹介します。

続きを読む



抱っこを嫌がる赤ちゃんの対処法3つ

泣いてるからあやそうと思って抱っこしたら、余計に泣く→途方に暮れるママ。という循環は、実はよくある光景です。赤ちゃんがだっこを嫌がるのはいろいろな理由があります。
例えば・・・

  • 抱き方が気に入らない
  • 縦方向に抱っこして欲しい
  • 不安定

などが考えられます。

そういう場合の対処法をご紹介しましょう。

続きを読む



新生児でもおんぶできますか?→抱っこにしましょう

昭和の暮らし

だっこやおんぶに関する最大のイベントはアメリカやヨーロッパで開催されている『BabyWearing Conference』です。アメリカとイギリスでは2年に1回、オーストラリアでも開催されています。
このカンファレンスには自国及び周辺国からもベビーウェアリングのインストラクターたちがやってきます。技術を教え合ったり、勉強したりします。その布の魔術師のようなインストラクターたちでさえも、新生児など首がすわらない赤ちゃんは「おんぶできない」と言います。

世界共通で認識されているのは、頸椎の大切さと揺さぶられっ子症候群の回避です。
おんぶするということは、どうしてもママは子どもの様子がよく見えなくなります。赤ちゃん自身が自分の頭をコントロールできない間はおんぶするべきではありません。

続きを読む



首がすわる前におんぶってできるの?→できません

赤ちゃんのいる生活に慣れて2カ月くらいたつと、食事をちゃんと作りたいとか掃除したい、上の子のお迎えの後にも・・・等とやりたいことがでてきますよね。そういう時にはおんぶが一番便利な気がします。背中にいてくれて更に寝てくれたらなお嬉しい。

でも残念ながら首がすわる前はおんぶができません。
今日はその理由をご説明します。

続きを読む



赤ちゃんの正しい抱き方ポイント3つ

赤ちゃんの抱き方ってそういえば習ったことないですよね。産院などでスタッフの方が抱いているのを見てなんとなくこんなかな? というくらいで抱っこしている方が多いと思います。
実は赤ちゃんの正しい抱き方の世界標準はありません。
しかし「確からしい」というだいたいの見解はあります。

続きを読む



1 3 4 5 6