おんぶ紐 一覧

使いやすいおんぶひもの選び方

赤ちゃんの首がすわってくるといよいよおんぶができます。今日は使いやすいおんぶ紐の選び方をご紹介します。
おんぶってみんな同じでしょ? とふつうは捉えていると思いますが、実はおんぶのルーツは3つあります。ここでは「おんぶ=背中に赤ちゃんがいる状態を続けること」とします。

  • 日本おんぶ(背中の上部でおぶう)
  • アフリカ系おんぶ(腰orお尻の上でおぶう)
  • その他(別の紐を使って頭部で支える→前頭帯運搬という)

日本のおんぶは日本式のおんぶ紐でできますが、日本製品であっても高い位置におぶえないおんぶ紐もあるし、海外の抱っこおんぶ兼用製品はそもそも高い位置でおぶうという発想がありません。

参考記事:首がすわる前におんぶってできるの?→できません

続きを読む



おんぶしやすいおんぶ紐の見分け方

生後4カ月をすぎるころ、首がすわるとおんぶができます。今日はおんぶ紐の選び方のポイントを整理しましょう。
筆者はママ向け抱っこやおんぶの講習会をすることがありますが、おんぶについてはハードルが高いと感じているママが多いです。おんぶ紐をつかっておんぶする前に、赤ちゃんを背中に乗せたことはありますか? と聞いてみます。ほとんどの方は経験がありませんので、道具を使う前に前かがみで赤ちゃんを背中に乗せてみて、正しいおんぶの位置を体験していただくようにします。赤ちゃんの高さや重みがかかる箇所などを体験すると道具を使った時の体の使い方や負担の感じ方にも目安ができて、スムーズにおんぶ紐を使えるようになります。

続きを読む



1 2 3