おんぶ紐 一覧

へこおびとベビーラップを徹底比較する〜あなたはどちらを選びますか?〜

北極しろくま堂では2019年より厚みのある生地を使ったへこおびを発売しています。主にジャガード(織り)を採用していますが、なかにはドビー(織り)の製品もあります。これまで厚みのある生地はベビーラップに採用することが多かったのですが、へこおびに使うようになった流れには理由があります。子どもの重みがかかっても使用者の負担になりにくい、体重の分散がしやすいというメリットがあるからです。

へこおびとベビーラップはカタチも用途も似ているので悩んでいる方も多いと思います。この記事を読めば、あなたがへこおびを選ぶべきかラップに行くべきか、どちらを選んだらよいのかすっきりわかりますよ!

目次

    1. へこおびとベビーラップの比較
      1-1.大きさと重さ
      1-2.できること、できないこと
      1-3.それぞれの起源
    2. へこおびをお勧めしたい方
      2-1.始めて布製の抱っこひもを使う方
      2-2.結び方や巻き方に悩みたくない方
      2-3.コンパクトに持ち運びたい方
    3. ベビーラップをお勧めしたい方
      3-1.抱っこやおんぶを徹底的に楽しみたい方
      3-2.布製抱っこひもに慣れた方
      3-3.ファッションとして楽しみたい方

続きを読む



昔ながらのおんぶ紐をクロスしないで使う方法

昔ながらのおんぶ紐がよいという話を聞いたことがあるママ・パパは多いでしょう。でも昔ながらのおんぶ紐は胸が強調されて恥ずかしいし、だいたい紐だけで赤ちゃんを背中に乗せるなんて怖すぎる! と思っていませんか。
胸が強調されない結び方と安全に赤ちゃんを背中に乗せる方法を解説します。

目次

  1. なぜ今「昔ながらのおんぶ紐」がいいの?
    1-1.親子が一体となって動ける
    1-2.子どもの視界が高い&広い
    1-3.長く使える、技術は一生残る
  2. 胸の前でクロスするのが嫌! クロスしないで使う方法
    2-1.クロスしないで使う方法(動画あり)
    2-2.なぜチベタンフィニッシュをするの?
    2-3.この方法が合わない人はいる?
  3. よくある質問
  4. まとめ

続きを読む



はじめてのおんぶ。やり方と注意点。

最近、おんぶの良さが見直されているようです。InstagramなどのSNSには「#はじめてのおんぶ」がいっぱい投稿されています。この記事でははじめてのおんぶがスムーズにできるおんぶ紐の選び方ややり方、注意点をご紹介します。

続きを読む



ベビースリング・ベビーラップ・へこおびの使い方【大イベント】開催

リュックみたいな抱っこ紐ではなくて、なんだか親子共に気持ちよさそうな感じに見えるスリング。ステキな布でくるまれているベビーラップ、手軽なへこおび。見かけたことはありませんか?

そんな一見「これ、どうやってるの?」と考えてしまうような(でもやってみると意外とかんたん)な抱っこ紐の使い方を教えてくれる大イベントが大阪と東京で開催されます。Academic Babywearing Conference Technic 2017です。

詳細はこちらです。

続きを読む



「おんぶの時間は知育の時間」を考える

おんぶの時間は知育の時間

最近、おんぶは知育に良いという言説を聞いたことはありませんか。
この記事では、

  • おんぶは知育に良いのか
  • どうおんぶしたらより良い育ちに繋がるか
  • 赤ちゃんの脳を発達させるとはどういうことか

についてご紹介していきます。

続きを読む



腹帯(はらおび)は抱っこやおんぶで使えますか?

20140206_hekoobi

最近では妊娠中の戌の日に腹帯を巻く方も少なくなってきていますが、神社の安産祈願でいただいた腹帯を大事にされているママもいらっしゃることと思います。
神社でいただく腹帯は長さがまちまちですが、出産後にもそれを活かす方法があるんです。妊娠中だけではもったいないですよね。
地域によっては腹帯を神社に返すところもありますが、お礼参りをせずに手元にあるという方も。でもお祝いの品だし捨てるわけにはいかななら、何かに役立てたいですよね。
今日は腹帯で抱っこやおんぶをする方法をご紹介します!

続きを読む



おんぶはいつから? おんぶができると赤ちゃんが賢くなるかも!

背中に赤ちゃんを背負う「おんぶ」は日本では古くから行われてきた育児手法です。親しまれてきたが故に『おんぶおばけ』という妖怪の話しや”おんぶにだっこ”という慣用句が使われてきました。

そのおんぶは赤ちゃんが何ヶ月から、どういう状態ならできるのか。おんぶが母と子に与えるメリットを充分に活かせる方法はあるのか等々、詳しい情報をご紹介します。

  1. おんぶはいつからできるの?
  2. おんぶで赤ちゃんが賢くなる方法
  3. おんぶ紐の選び方
  4. 人気のおんぶひもベスト3

続きを読む



おんぶ紐にまつわる風習についての一考察

日本でも母が使用したものを娘や息子の嫁に譲るという風習は残っています。例えば成人式の振り袖などは、親族に譲ってもらったものを着たという方も多いのではないでしょうか。
しかし、育児用品に関してはごく近年まではそのような「ものの引き継ぎ」はあまりなかったようです。

続きを読む



おんぶとおんぶひもの関係

International Babywearing Conference 2016 in Atlanta においてOnbuについての発表を行いました。そこで発表した内容と、その後にいただいたご質問をあわせて、少し違う角度からおんぶとおんぶひもについてご紹介します。

続きを読む



Onbu History 101 おんぶの歴史

今、海外でOnbuやOnbuhimoが人気です。それで時々おんぶについてのご質問をいただくのですが、説明がかなり長くなるのでこの記事にまとめようと思います。
関連ページとして2012年冬に〈Japanese Babywearing〉というサイトを立ち上げてご紹介していますが、日本人がおぶいながら子育てをしてきた背景や道具の変遷についてはサイトでご紹介しきれていないため、この記事にまとめます。
なお、この記事の内容に伴う画像や詳細、分析等はInternational Babywearing Conference 2016にて発表します。

続きを読む



1 2 3