BLOG ブログ

vol.245 ベビーウェアリングするときの洋服選び

vol.245 ベビーウェアリングするときの洋服選び
News・相談会情報はこちらへ

ベビーウェアリングするときの洋服選び

ファッションの秋、「どんな服を着ようかな。」「服に合わせてこんな物をあわせようかな。」と考えるのは楽しいですね。

抱っこやおんぶをして、赤ちゃんと一緒にファッションを楽しむときは、少し工夫が必要です。
今月はベビーウェアリングするときの洋服選びのヒントをお伝えします!

袖のかたち

ドルマン・スリーブのような袖の付け根が大きくゆったりしたデザインのトップスはベビーウェアリングにはあまり向いていません。脇の下を紐が通った時に袖や身ごろを引っ張ってしまい、手首や脇腹が出てしまうことがあります。

このようなゆったりした袖口デザインの服はベビーウェアリングにはあまり向いていません。

丈の長さ

丈は長めがおすすめ。短いと抱っこしたときにおなかが出やすくなってしまいます。ワンピースはベビーウェアリングと相性ばっちりです。

赤ちゃんをスリングで抱っこする女性

はおりもの

カーディガンは前を開けたままで抱っこ・おんぶすると抱っこ紐やおんぶ紐に巻き込まれてしまうことも。前を閉じてから抱っこ・おんぶするとうまくできます。

Dカンの中にカーディガンの裾が巻き込まれてしまった様子。

コートを着用するときは、抱っこ・おんぶしたあとに上から羽織りましょう。コートの上から抱っこやおんぶするのはごわごわして難しく、素材によってはすべりやすい場合もあります。

コートは普段の自分のサイズより2〜3サイズくらい上のサイズ、もしくはゆったりしたデザインのものを選ぶと赤ちゃんと一緒に入れます。

赤ちゃんをコートの中に入れておんぶする女性

エプロン

エプロンをするなら、首掛けタイプかカフェエプロン(腰エプロン)がおすすめです。

首掛けタイプかカフェエプロン、エプロンをした状態からおんぶをすることも、反対に赤ちゃんをおんぶした状態からエプロンをすることもできます。

バッククロスエプロンやH型タイプのエプロンだと、エプロンをした状態からおんぶをすることはできますが、赤ちゃんをおんぶした状態からエプロンをすることができません。

赤ちゃんをバッククロスタイプのエプロンでおんぶして家事をする女性
首掛けタイプエプロンをしておんぶをする様子

素材

つるつるした素材の服は抱っこ紐・おんぶ紐がすべりやすくなり、ベビーウェアリングには不向きです。

厚手の服もごわごわして抱っこ・おんぶしづらいことがあります。

毛糸の素材にもよりますが、ニットは抱っこ紐・おんぶ紐との摩擦で毛玉になりやすいので要注意です。

授乳服はおすすめです!

授乳服があれば、スリングやへこおびで赤ちゃんを抱っこしたまま授乳ができます。おでかけのときだけでなく、おうちでも授乳服があればさっと授乳ができますね。

授乳服を着てスリングで抱っこしたまま授乳する女性
授乳服を着てスリングで赤ちゃんを抱っこしたまま授乳しています。あまりに自然すぎて、「授乳中」と言われなければそうと気がつかない方も多いのでは?

【画像提供】モーハウス https://mo-house.net

赤ちゃんの服装

赤ちゃんは大人と比べると体温が高く、また体温調節機能もまだ発達途中です。抱っこやおんぶをしているときは親御さんだけでなく、赤ちゃんもあたたかいもの。寒いからと言ってたくさん着せるとすぐに汗をかいてしまいますので、あまり着せすぎないように注意しましょう。

特にベビーウェアリングするときは厚手の服だと、もこもこして抱っこしづらく、うまく密着できなかったり、M字開脚の姿勢が取りづらかったりします。

いかがでしたか?

子育て中は授乳のことや汚れ、動きやすさを考えてファッションに制限がかかりがちではあります。でも、赤ちゃんと過ごしやすいファッションに目を向けてみると、赤ちゃんとの時間が過ごしやすくなりますよ。

赤ちゃん時期のお子様と一緒の秋は一度きり。ぜひ楽しんでくださいね。

今月のおすすめ商品

へこおびBIG LOVE - BLACK OPAL(厚手)Lennylamb

へこおび 

BIG LOVE – BLACK OPAL(厚手)Lennylamb
コラボ北極しろくま堂で初めて取り扱いする、メリノウール・シルク・カシミヤが混合の生地。さわり心地はとても柔らかく、肌触りのよい生地です。厚手で幅広のへこおびは、体への食い込みが少なく、快適です。


>>へこおび商品ページへ

へこおびHARVEST - FIELDS OF GOLD(厚手)Lennylambコラボ

へこおび 

HARVEST – FIELDS OF GOLD(厚手)Lennylambコラボ
ラメ入りの生地にひまわりやりんご、ぶどうなどが織りで描かれています。実りの秋にぴったりの柄と色合いです。見た目の印象が少し派手に感じるかもしれませんが、身につけるとしっくりとなじみます。


>>へこおび商品ページへ

ハグリーノしろくまホワイト

ハグリーノ 

しろくまホワイト
生成りの生地に白いラインでしろくまが描かれています。近づくとやっとわかるぐらいのさりげなさです。ハグリーノはへこおび抱っこをもっと簡単にできるようにしたデザイン。初めての布製抱っこ紐としておすすめです。


>>ハグリーノ商品ページへ

ハグリーノしろくまグレー

ハグリーノ

しろくまグレー
こちらはグレー地の生地に黒いラインでしろくまが描かれています。しろくま柄の生地を上にすればポップな印象、下にすればさりげなくかわいさをアピールできます。


>>ハグリーノ商品ページへ

次号予告

ハグリーノの魅力を解説します!

2020年秋にデビューしたハグリーノ。スリングやへこおびに比べるとまだまだ認知度は低いものの、少しずつお客様にお選びいただくことが増えてきました。販売し始めてから1年が経った今、もう一度ハグリーノの魅力をご紹介します!

ハグリーノで抱っこする女性

編集後記

「ベビーウェアリングするときの洋服選び」の特集、いかがだったでしょうか?こちらは筆者が子育て中に「いつか記事にしよう!」と思っていた内容です。妊娠前は自分の着たい服を自由に選んで着ていたのに、妊娠中から産後にかけてずいぶんと洋服選びの基準が変わりました。「今しか着ないかもしれない。」と思うと余計な枚数を買わなくなり、気がつくと3〜4種類をローテーションで着る毎日。それでもデザインが好みで子どもとの生活が快適なら、不満に思うことはなかったし、むしろ「今までなんでこんなに服を何着ももっていたんだろう。」と思うこともしばしば。ミニマリストにはなれそうにないですが、洋服は限られた枚数に絞ろうかなと考え中です。

EDITORS
Producer Masayo Sonoda
Creative Director Mai Okai
Writer Mai Okai, Masahiko Hirano
Copy Writer Mai Okai, Masahiko Hirano
Photographer Yasuko Mochizuki, Yoko Fujimoto, Keiko Kubota
Illustration 823design Hatsumi Tonegawa
Web Designer Nobue Kawashima