効果的な子どもの叱り方は? コツや注意事項を徹底解説


「子どもの叱り方に悩んでいる」というママやパパは多いことでしょう。今は「叱らない子育て」もありますが、子どもがやってはいけないことや、危険なことをしたら叱るのが躾です。では、どうすれば子どもに親の気持ちがきちんと伝わる叱り方ができるのでしょうか?

今回は叱り方のコツや、叱った後のフォロー方法などを詳しく解説します。

  1. 子どもを叱らなければならない理由
  2. 子どもを上手に叱るコツ
  3. 子どもを叱るときのNG行為
  4. イライラしたら大きく深呼吸する
  5. 叱った後のフォロー方法
  6. 子どもの叱り方に関するよくある質問

この記事を読めば、叱り方のコツが分かります。子どもの叱り方に悩んでいるパパやママは、ぜひこの記事を読んで参考にしてくださいね。

1.子どもを叱らなければならない理由

今は、「叱らない子育て」を推奨する動きもあります。混同されるのが「叱る」と「怒る」です。感情のままに怒鳴ってしまうのは「怒る」です。今日は子どもを叱らなければならない理由を説明します。この項では、その理由の具体例を紹介しましょう。

1-1.子ども自身の命が守られる

子どもはまだ、危険なことと安全なことの区別がつきません。自分の興味が最優先です。ですから、大人の目から見ると危険なことをすることが珍しくありません。自分のやっていることが危険であることを子どもが理解するまでには時間がかかります。

そこで、叱ることで子どもに強いインパクトを与えると、理屈ではなく感情で「やってはいけないこと」が理解できるようになるでしょう。なぜ、やってはいけないかを理屈で理解するには時間がかかります。子どもの命を守るためにも叱ることは大切です。

1-2.他人と円滑にお付き合いができる

子どもはまだ、自分が世界の中心です。人間の子どもは早い段階から互恵的なことがわかっていますが、それでも子ども同士で遊ばせれば、ケンカになることも珍しくありません。その過程で、相手を傷つけるようなことを言ったりやったりすることもあるでしょう。そのときに「これはやってはいけないことだ」というルールを子どもに言って学ばせることができます。ときには強く言うことで、子どもの感情に訴えることが大切です。

1-3.社会のルールを学ばせるため

子どもはまだ、社会のルールを知りません。また、長く相手の話を聞くことも苦手です。やってはいけないことを分からせるために、叱るという選択肢も必要になります。

2.子どもを上手に叱るコツ

では、どうすれば、子どもを効果的に叱ることができるでしょうか? この項では、その方法の具体例を解説します。

2-1.できるだけ短時間で叱る

子どもに長々と話をしても必ずしも理解につながるわけではありません。叱るときは長くても5分以内に納めましょう。ダラダラ叱っても効果はありません。

2-2.叱る項目は1つに絞る

叱る項目が多すぎると、理解が追いつかないこともあるでしょう。叱る対象は1つに絞ったほうが子どもにもわかりやすくなります。話しているうちに、あれもこれもと思ってもグッとこらえてください。

2-3.すぐに叱る

子どもは、興味の対象が広いため、時間がたつと自分がやったことを忘れてしまうこともあります。子どもが危ないことをしたら、すぐに叱るのが理想です。そうすることで、なぜ叱られているのかを理解しやすくなります。

2-4.暴力は行わない

子どもは言っても分からないからと体罰をしてはぜったいにいけません。暴力ではなく言葉で叱りましょう。

3.子どもを叱るときのNG行為

子どもを叱るとき、以下のようなことはNGです。

  • 感情にまかせて叱る(怒る)
  • 暴力を振るう
  • 子どもの人格を否定する
  • 長時間叱る
  • 罰としておもちゃを取り上げたり壊したりする

子どもは小さくても、大人にされたことをちゃんと覚えています。過剰に叱ることは、子どもとママとパパの関係を悪くするだけです。

また、叱ることで過剰な恐怖を子どもに与えると、子どもは叱られないために知恵を巡らすようになります。その結果、「親の見ていないところで悪さをする」「自分より年下の子どもに向けてストレスを発散する」といった問題行動を起こすこともあるでしょう。叱るのはあくまでも躾のためです。子どもに恐怖心を与えないようにしましょう。

4.イライラしたら大きく深呼吸する

しかし、子どもは「やってはいけない」と言ったことをくり返しやってしまうことも珍しくありません。また、子どもが好奇心からいたずらをすることもよくあります。パパやママが子どもの言動にイライラするのは当たり前です。イライラしたら子どもにそれをぶつける前に大きく深呼吸しましょう。声を出す前に10秒数えるという方法もあります。イライラした気持ちのまま叱れば、子どもに恐怖感を与えてしまいます。気持ちが落ち着いてから、改めて向き合ってください。

5.叱った後のフォロー方法

では最後に、子どもを叱った後のフォロー方法を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

5-1.叱ったら後は引きずらない

ダラダラ叱っても効果はありません。5分話したらスパッと気持ちを切り替えて、後は普段どおりに接しましょう。なかなかうまくいきませんが、可能ならば別の家族にしばらく子どもの相手をしてもらい、一服して気持ちを切り替えてください。

5-2.改善したら褒める

子どもは、少しずつ成長していきます。叱られたことを改善できたら褒めましょう。そうすれば、子どもは成功体験を積むことができます。また、「こうすればいいんだ」という正しい方法を自分で学ぶこともできるので、成長にも効果的です。

5-3.親が間違ったら謝る

親が間違って子どもを叱ってしまうこともあります。そのときは、しっかりと子どもに謝りましょう。ごまかしたり怒ったりすれば、子どもの信頼を失ってしまいます。

6.子どもの叱り方に関するよくある質問

この項では、子どもの叱り方に関するよくある質問を紹介しましょう。

Q.子どもは、叱られても平気な様子に見えるとついイライラします
A.叱っても効果がないと思ったら、どこかに短時間隔離する、一定時間おもちゃを取り上げるなど、別の方法を試してみましょう。

Q.男の子なら叩いた方が効果的に思えてしまいます。
A.いいえ。性別に関係なく暴力はダメです。

Q.「お姉ちゃんだから」「お兄ちゃんだから」という叱り方をしてしまいます。
A.年上だから我慢しろというのは理不尽なことです。悪いことをしたら叱るのは当然ですが、年齢を理由にしないようにしましょう。

Q.同じことを何度も叱ってしまいます。
A.それでもかまいません。根気強く叱りましょう。

Q.パパが叱った方が効果的ですか?
A.大人の男性の方が声も大きく子どもに強いインパクトを与えます。しかし、恐怖心を与えないように注意が必要です。

まとめ

今回は、子どもの叱り方のコツややってはいけないこと、叱った後のフォローについて解説しました。子どもを叱るというのは、とても難しいことです。最初はうまくできなくて悩むこともあるでしょう。でも、ダラダラ叱らない、暴力を振るわない、子どもの人格を否定しないといった最低限のことを守っていれば大丈夫です。また、困ったり悩んだりすることがあれば、自治体の子育て応援機関などに相談しましょう。1人で悩んで思いつめないでくださいね。

参考になる本:
「子どもが光るあったかいしかり方&ほめ方」すずきともこ著 農文協 2021 1100円+税


この記事の監修者

園田正世(そのだまさよ)
北極しろくま堂有限会社 取締役

北極しろくま堂有限会社 取締役 園田正世(そのだまさよ)

2000年〜北極しろくま堂有限会社 取締役
2010年〜非営利活動法人だっことおんぶの研究所 理事長
2013年〜本格的にベビーウェアリング(抱っこやおんぶ)の研究を続けている。
東京大学大学院学際情報学府博士前期課程修了
同大学院博士後期課程在学中

雑誌やテレビでも話題!これまで数十万人のママが愛用!ベビースリング・抱っこひもの専門店