赤ちゃんのうつぶせ寝は危険? リスクを防ぐための方法は?


「赤ちゃんのうつぶせ寝は危険なのか?」とお悩みではありませんか? うつぶせ寝のほうがよく眠れるイメージがありますが、時に赤ちゃんのうつぶせ寝は大人と違って危険が伴います。

この記事では、赤ちゃんのうつぶせ寝がもたらすリスクや、うつぶせ寝を防ぐための方法などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 赤ちゃんのうつぶせ寝は危険?
  2. うつぶせ寝をしてもよいのはいつから?
  3. 赤ちゃんのうつぶせ寝を防ぐ方法
  4. 赤ちゃんのうつぶせ寝に関するよくある質問

この記事を読むことで、うつぶせ寝による事故を防ぐ方法や、赤ちゃんが寝るときの注意点などが分かるはずです。

1.赤ちゃんのうつぶせ寝は危険

まずは、赤ちゃんのうつぶせ寝が危険な理由についてまとめました。

1-1.窒息する可能性がある

ふわふわのお布団でのうつぶせ寝は顔が布団や枕などに埋まってしまい、呼吸ができなくなってしまう可能性があります。寝返りができない赤ちゃんの場合は、呼吸ができなくて苦しくなっても、体勢を戻すことはできません。また、寝ている間に鼻や口がふさがってしまう可能性もあるでしょう。

1-2.乳幼児突然死症候群のリスクが高まる

乳幼児突然死症候群のはっきりとした原因は不明です。しかし、うつぶせ寝時に発生の確率が高まることが分かっています。

1-3.歯並びへの影響や嘔吐を引き起こす可能性も

長時間、長期間のうつぶせ寝は赤ちゃんの歯並びに悪影響を及ぼす可能性もあります。また、食べたり飲んだりした直後にうつぶせで寝ることで腹部が圧迫され、嘔吐を引き起こすことも考えられるでしょう。

2.うつぶせ寝をしてもよいのはいつから?

赤ちゃんのうつぶせ寝は、いつからしても問題がなくなるのでしょうか。

2-1.1歳を過ぎるまではうつぶせ寝を避ける

「寝返りができるようになれば大丈夫なのでは?」と思う人は多いでしょう。しかし、熟睡しているときだと体をうまく動かすことができない場合もあります。また、乳幼児突然死症候群の発症率が高いのは、1歳になる前までの赤ちゃんです。そのことを考えても、1歳を過ぎるまではうつぶせで寝るのはやめておくほうが安心です。

2-2.起きているときのうつぶせは運動発達のためにもおすすめ

赤ちゃんは多様な運動を経験することで、自分の体の動きを自分自身で学んでいきます。ですから、大人がしっかり見ている前では首すわり前でもうつぶせを経験させることはよいでしょう。

赤ちゃんの首が据わってきたころからは、うつぶせの状態で大人のお腹に乗せたり運動させたりすることも出てくるでしょう。起きているときにうつぶせにするのは問題ありません。ただし、そのまま自分が眠ってしまったり、長時間目を離したりは絶対にしないようにしてください。

3.赤ちゃんのうつぶせ寝を防ぐ方法

睡眠時の赤ちゃんのうつぶせ寝を防ぐための工夫をご紹介しましょう。

3-1.敷き布団や枕は硬めのものを使う

赤ちゃんが使う敷き布団や枕は、できるだけ硬めのものを選ぶようにしましょう。赤ちゃん用として販売されているものだと硬めに作られているため、おすすめです。柔らかい敷き布団や枕だと顔をうずめてしまう可能性があります。

3-2.赤ちゃんの周りに柔らかいものを置かない

寝ている赤ちゃんの周りには、タオルケットや毛布・クッション・ぬいぐるみなど、柔らかいものを置かないようにしましょう。いつの間にか体勢が変わり、顔をうずめてしまう可能性があります。

3-3.寝るときは薄着を心がける

赤ちゃんが寝るときは、できるだけ薄着させることを心がけましょう。厚着をしていたり大きめの服を着ていたりすると、うまく寝返りができず、窒息してしまう可能性があります。身軽に動くことができるような服を選んでください。

4.赤ちゃんのうつぶせ寝に関するよくある質問

「赤ちゃんのうつぶせ寝について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.あお向け寝だと落ち着かないようなのですが、どうすればよいでしょうか?
A.タオルを丸めたものを赤ちゃんの膝の下に入れ、膝を浮かせるようにするのがおすすめです。赤ちゃんはお尻の辺りが丸くなるカーブを描いた姿勢がとれると、よりリラックスします。タオルを入れることで体が少し丸まった状態になり、あお向け寝でも落ち着きやすいでしょう。

Q.うつぶせのままぐっすり眠っているようなのですが、あお向けに戻したほうがよいですか?
A.乳幼児突然死症候群を防ぐためにも、あお向けに戻すことをおすすめします。体全体を持ち上げるとびっくりして起きてしまうため、下半身から徐々に仰向けになるように動かします。お腹が解放されると起きやすい*ので、布団やほんの少し重量のあるクッションなどをお腹に載せたり、掌でお腹をほんの軽く押さえてあげると落ち着くことが多いようです。

赤ちゃんのお腹に掌をぴたっとくっつけると安心して寝てくれることがあります。うつぶせから仰向けにした直後にもやってみてください。

※注:「背中スイッチ」とよく言われますが、「お腹スイッチ」ではないかという研究者もいます。赤ちゃんにとって、背中がまっすぐになっている姿勢は不自然なので目覚めてしまうようです。こちらの記事も参考にしてください。https://www.babywearing.jp/blog/2014/12/03/194#more-194

Q.あお向け寝ばかりさせていると頭の形がゆがんでしまいませんか?
A.赤ちゃんの自然な姿勢では、頭部は胴体に対して45度程度は左右を向いていることもあります。無理に正面を向かせる必要はありません。一時的に絶壁のような形になってしまうことはありますが、成長して寝ている時間が減ってくると自然に戻る場合がほとんどです。抱いている時には、垂直方向(縦方向の抱っこ)をしてあげましょう。

赤ちゃんの頭の変形に対してはヘルメットなどをつけて矯正する施術もあるようですが、医学的にはその効果は証明されておらず、頚椎への影響も不明です。赤ちゃんの頭のゆがみについてご不安がある親御さんはセカンドオピニオンを受けることをお勧めします。

Q.乳幼児突然死症候群の発症率はどのくらいでしょうか?
A.およそ6,000人に1人という確率で発症していることが分かっています。発症率は決して低くないでしょう。

Q.うつぶせ寝を避ける以外に、乳幼児突然死症候群の発症率を下げるための対策にはどのようなものがありますか?
A.できるだけ母乳で育てること・赤ちゃんと同じ部屋で喫煙しないことが望ましいでしょう。

まとめ

赤ちゃんのうつぶせ寝がもたらす危険や、うつぶせ寝を防止する方法などを詳しくご紹介しました。うつぶせの運動は赤ちゃんの運動発達に好ましい影響を与えますが、そのまま寝入ってしまうとリスクも生じます。うつぶせ寝のリスクについて知っておいてください。


雑誌やテレビでも話題!これまで数十万人のママが愛用!ベビースリング・抱っこひもの専門店