赤ちゃんの生活リズムのつけ方は? 崩れたときの対処法も教えます!


「赤ちゃんの生活リズムをつけるのは、いつごろが適切か」「どんな点に気をつけるといいのか知りたい」とお考えではないでしょうか。赤ちゃんに生活リズムがつけば、赤ちゃんの成長を促す・ぐっすり眠ってくれるなど多くのメリットがあります。さらに、ママにも毎日の世話も楽になる・睡眠時間を確保できるなどのメリットがあるのです。

そこで今回は、赤ちゃんの生活リズムのつけ方について詳しく解説します。

  1. 赤ちゃんの生活リズムとは?
  2. 赤ちゃんの理想の生活リズム
  3. 赤ちゃんの生活リズムのつけ方
  4. 赤ちゃんの生活リズムが崩れたらどうする?
  5. 赤ちゃんの生活リズムに関するよくある質問

この記事を読むことで、赤ちゃんの生活リズムがよく分かり適切な対応ができます。まずは、記事を読んでみてください。

1.赤ちゃんの生活リズムとは?

最初に、赤ちゃんの生活リズムの基本を見ていきましょう。

1-1.生まれた直後は生活リズムがついていない

赤ちゃんの生活リズムとは、朝に起きる・昼に活動する・夜に寝るなどの生活パターンのことです。生まれたばかりの赤ちゃんには、まだ体内時計ができていません。そのため、親が授乳や寝かしつけなどの世話をしながら、生活リズムをつけていくことになるのです。赤ちゃんの生活リズムは、親から大きな影響を受けます。親が夜型だと、赤ちゃんも夜型になりやすいので注意しましょう。

1-2.生活リズムをつけることが大切

赤ちゃんには、生活リズムをつけることが大切です。具体的には、昼夜の区別がつくようになる月齢3か月ごろから始めるといいと言われています。朝になったら起き、夜に眠るという基本の生活リズムが徐々につくように心がけてください。

2.赤ちゃんの理想の生活リズム

赤ちゃんの理想の生活リズムについて見ていきましょう。

2-1.月齢別に紹介

赤ちゃんの月齢別に理想の生活リズムを見ていきましょう。

2-1-1.月齢3か月まで

生まれてから月齢3か月までの時期は、まだ昼夜の区別がはっきりありません。1日の睡眠時間は16~20時間ほどで、授乳時間以外のほとんどを寝て過ごします。1回の睡眠時間も3~4時間程度と短く、授乳も頻繁に必要なことから、生活リズムは気にせず過ごしましょう。ただ、それでは“親の生活がたいへん”ということであれば、夜は照明を暗くして、朝になったらカーテンをあけて日の光を入れるということをしながら、赤ちゃんにも昼夜の違いに慣れてもらいましょう。

2-1-2.月齢3~6か月まで

月齢3~6か月になるころには、昼夜の区別がつくようになります。睡眠時間も1日13~14時間となり、1回に6時間程度まとめて眠るようになるでしょう。生活リズムをつけ始めるのにおすすめの時期です。ただし、最初からきっちりしすぎず、子どもの個性や成長に合わせて進めていきましょう。

2-1-3.月齢6か月以降

月齢6か月以降になると、1日の睡眠時間が昼寝を含めて11~12時間程度になります。夜にまとめて眠れるようになり、生活リズムを整えやすい時期です。起床時間・就寝時間を決めるだけでなく、食事・昼寝・入浴時間などもできるだけ一定にしていきましょう。

2-2.生活リズムをつけるメリット

赤ちゃんに生活リズムがつくと、以下のような効果があります。

  • 赤ちゃんがぐっすり眠れて機嫌がよくなる
  • 赤ちゃんの成長を促進する
  • 育児が楽になって親の負担が軽くなる

3.赤ちゃんの生活リズムのつけ方

赤ちゃんの生活リズムのつけ方について詳しく解説します。

3-1.朝は日を浴びて夜は静かに過ごす

赤ちゃんの生活リズムをつける基本は、朝に日を浴びて脳を起こすこと・夜は静かにして早めに消灯して寝かしつけることです。また、赤ちゃんの寝つきをよくするためには、昼間に十分な活動をさせることも必要となります。昼間の活動量が適切なら、夜には疲れて自然に眠くなるはずです。親の都合を優先して朝遅くまで寝かせていたり、夜遅くまで起こしていたりするのでは、生活リズムを整えるのは難しいでしょう。

抱っこをしているとすぐに眠る赤ちゃんもいます。昼間に抱っこでたくさん寝たから夜は眠れないということはありません。大人が電車で熟睡しにくいのと同じ状態です。でも、赤ちゃんが抱っこで眠ったときにはなるべく抱っこひもなどから降ろして、お布団など横になれる状態で寝かせてあげてください。

3-2.赤ちゃんの月齢に合わせて整えよう

赤ちゃんの生活リズムは、月齢に合わせて整えましょう。

3-2-1.月齢3か月ごろまで

朝は、窓からのやわらかい光を入れましょう。また、夜は決まった時間に消灯するようにすれば、生活リズムを整える準備ができます。

3-2-2.月齢3~6か月ごろまで

朝と夜の区別がつくようになります。朝に光を入れ夜決まった時間に消灯するほか、日中はできるだけ散歩に出かけることで、程よい刺激となり夜に寝つきやすくなるでしょう。

3-2-3.月齢6か月~

月齢6か月ごろからは、本格的に生活リズムを整える時期に入ります。起床・食事・入浴・睡眠それぞれの時間を決め、規則正しい生活を心がけてください。

3-2-4.離乳食開始時期以降

離乳食開始時期以降になると、日中の活動量がグンと増えて夜にぐっすり眠ることができるようになります。ただし、昼寝のしすぎは昼夜逆転を招くため、できるだけ短時間に済ませ、就寝時間を変えないようにしましょう。

3-3.朝なかなか起きてくれないなどの問題も多い

赤ちゃんに生活リズムをつけようとしても、すぐにうまくいくわけではありません。たとえば、以下のような問題が多く見られます。

  • 早すぎる時間に起きてしまう
  • 朝なかなか起きてくれない
  • 夜なかなか寝てくれない
  • 昼寝ばかりする
  • 夜泣きをする

最初はうまくいかなくても根気強く対応すれば、赤ちゃんの成長と共に徐々に生活リズムがついてきます。焦らずに、長い目で見守りましょう。

4.赤ちゃんの生活リズムが崩れたらどうする?

赤ちゃんの生活リズムが崩れやすい理由や整える方法などを見ていきましょう。

4-1.赤ちゃんの生活リズムが崩れやすい理由は?

赤ちゃんの生活リズムは、以下のような理由で崩れてしまうことがあります。

  • 父親が夜遅く帰宅して起こしてしまう
  • 旅行に出かける
  • 昼寝をしすぎる
  • 昼間の活動量が少ない

4-2.最初から始めるつもりでやり直す

崩れてしまった生活リズムを元に戻すには、最初から始めるつもりでやり直しましょう。特に、大幅に乱れてしまった場合は、いきなり直そうとすると赤ちゃんに大きな負担がかかります。起床時間を15分ずつ早める・昼寝の時間を徐々に短くしていくなどで調整してみてください。夜になかなか寝ないときも、部屋を暗くする・静かにするなどして赤ちゃんが眠りやすい環境を整え、自然に眠くなるように導いてあげましょう。

4-3.抱っこをして赤ちゃんを安心させる

親が抱っこをすると、赤ちゃんが安心してスムーズに寝ることが多いものです。赤ちゃんが夜なかなか眠らないときは、興奮していたり不安を感じていたりすることが理由のことがあります。親とのスキンシップが少ない・構ってほしいなどと感じているときには、寝つきが悪くなるので注意しましょう。抱っこひもやスリングなどを利用すれば、赤ちゃんと親の体が密着して赤ちゃんが安心しやすく、楽に抱っこできるのでおすすめです。北極しろくま堂でも多数の抱っこひもやスリングをご用意していますから、ぜひご検討ください。

また、抱き上げなくても添い寝をする方法もあります。体が接触していると赤ちゃんも安心するようです。

4-4.親がストレスをためないようにする

赤ちゃんの生活リズムがなかなかつかないときは、親のストレスが大きくなってイライラしがちです。しかし、親がイライラすると赤ちゃんに伝わり、余計にうまくいかなくなってしまうでしょう。生活リズムが整うまでには、個人差が大きいことを理解しておけば、無駄なストレスを抱えずに済みます。たまにはストレスを解消し、気分転換をしながら気長に対応していきましょう。

5.赤ちゃんの生活リズムに関するよくある質問

最後に、赤ちゃんの生活リズムに関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.赤ちゃんの就寝時間が早すぎるのは直すべきか?
A.月齢数か月程度までは、自然に任せても構いません。成長しても改善しない・早朝に起きてしまうといった場合は、直したほうがいいでしょう。昼間の活動量を調整したり、夜寝かしつける時間を遅くしたりしてみてください。

Q.生活リズムが乱れると夜泣きの原因になる?
A.可能性はあります。しかし、生活リズムを整えても夜泣きが続く場合は、赤ちゃんにストレスがかかっていないかなど、ほかの原因を考えましょう。

Q.赤ちゃんの寝かしつけにスマホやタブレットで動画を見せてもいい?
A.おすすめしません。スマホやタブレットからの音や光は、赤ちゃんには刺激が強すぎて興奮してしまうことが多いからです。光を発しない紙の絵本などはお勧めです。月齢に合わせて絵本を選び、読んだら「おやすみなさい」と声をかけて照明を暗くするなどの一連の流れは、入眠儀式として習慣化することも有効でしょう。

Q.親に夜勤があるなど生活リズムが合わない場合は?
A.親が夜勤で夜型の生活リズムであっても、赤ちゃんを親に合わないほうが良いでしょう。赤ちゃんには、朝方の生活リズムをつけるようにしてください。実家や保育園など、周囲に協力してもらうことも必要です。

Q.赤ちゃんのときに生活リズムを整えずに大人になるデメリットは?
A.体内時計が乱れたまま大人になると、不眠になりやすいなど健康への悪影響が出ることがあると考えられます。また、社会人になって定時出勤・退社が必要な企業に勤めた場合、仕事中に眠くなる・集中しづらいなどの点もデメリットでしょう。

まとめ

今回は、赤ちゃんの生活リズムについて詳しく解説しました。赤ちゃんは、月齢3か月を迎えるあたりから朝と夜の区別がつくので、徐々に生活リズをつけることを考えましょう。生活リズムが整えば、赤ちゃんがぐっすり眠れる・成長を促す・親の負担が減るなど、メリットがたくさんあります。まずは、起床時間と就寝時間を決めて、規則正しい生活リズムになるよう整えましょう。夜なかなか眠らない・ぐずってしまうなどのときには、抱っこをすると赤ちゃんが落ち着いて自然と眠ってくれるので試してみてください。


雑誌やテレビでも話題!これまで数十万人のママが愛用!ベビースリング・抱っこひもの専門店