赤ちゃんの寒さ対策はどうする? 快適な冬を過ごすための5項目を紹介


「赤ちゃんの寒さ対策は?」「大人と同じで問題ないのか?」とお悩みではありませんか? 赤ちゃんと一緒に初めて冬を過ごす場合、寒さ対策が気になるという人は多いでしょう。赤ちゃんは自分で寒さを訴えることができないため、大人が注意深く様子を観察し、対応してあげなければなりません。

この記事では、赤ちゃんの寒さ対策が必要な理由や大人との違い、屋外・室内での具体的な寒さ対策について詳しくご紹介しましょう。

  1. 赤ちゃんの寒さ対策が必要な理由は?
  2. 赤ちゃんが寒がっているかチェックしよう
  3. 外出時にやるべき赤ちゃんの寒さ対策
  4. 室内でできる赤ちゃんの寒さ対策
  5. 赤ちゃんの寒さ対策に関するよくある質問

1.赤ちゃんの寒さ対策が必要な理由は?

まずは、赤ちゃんの体温調節機能や寒さ対策の重要性などをまとめました。

1-1.赤ちゃんは体温調節機能が未熟

私たちは自律神経の働きによって自分の体温を調節しています。暑さを感じたときは汗をかいて熱を逃がし、寒さを感じたときは血管を収縮させて熱を逃がさないようにするのです。しかし、赤ちゃんは自律神経の体温調節機能が未発達なため、外気温の影響を受けやすくなります。外気温が暑ければ体温も上がり、寒ければ体温も下がってしまうのです。

1-2.風邪や免疫力の低下を防ぐために寒さ対策が必要

冬に赤ちゃんの寒さ対策が必要なのは、赤ちゃんを風邪や免疫力の低下から守るためです。特に、眠っている間に赤ちゃんの体が冷えると、慢性的な低体温の状態が続くことになり、免疫力が低下する可能性があります。そうなると風邪を引きやすくなるだけでなく、便秘や下痢などの体調不良を引き起こす原因にもなるのです。そのため、1歳を過ぎるころまでは、しっかりと赤ちゃんの寒さ対策をしてあげましょう。

2.赤ちゃんが寒がっているかチェックしよう

赤ちゃんが寒がっているかどうかを判断するには、いくつかポイントがあります。「寒い」と感じているときのサインや大人との違いをご紹介しましょう。

2-1.赤ちゃんが寒いときのサインは?

赤ちゃんが寒さを感じているときのサインには、以下のようなものがあります。

  • 顔や唇の色が青紫になっている
  • 体を丸めて泣いている
  • 背中が冷たい
  • 手足の血色が悪い

2-2.「手足が冷たい=寒い」ではない

大人は寒いときに手足が冷えているのを感じるものです。そのため、赤ちゃんの手足が冷たいと「寒いのではないか」と慌ててしまいがちですが、その必要はありません。赤ちゃんは大人と違い、手足の血管を細くすることで体の中心部を温めようとするのです。その結果、手足が冷たくなってしまいます。寒がっているわけではないため、必要以上に温めないようにしましょう。

3.外出時にやるべき赤ちゃんの寒さ対策

外出する際にやっておくべき赤ちゃんの寒さ対策についてご紹介しましょう。

3-1.外出する時間帯や服装・持ちものに気を付ける

赤ちゃん連れで外出する際は、いくつか気を付けなければならないことがあります。

3-1-1.外出する時間帯は9~15時を目安に

まずは、外出する時間帯です。冬の朝晩は寒さが厳しくなるため、できるだけ日が出ている9~15時ごろを目安に外出を済ませることをおすすめします。ただし、生後6か月ごろになるまでは、屋外に長時間いるような外出は控えたほうがよいでしょう。体温調節機能が未発達な時期に、長時間体を冷やすのはおすすめできません。

3-1-2.温度調節ができる服装を心がける

服装については、温度調節できるものを心がけましょう。赤ちゃんは大人より汗をかきやすく、汗をかいたまま冷たい風に当たると一気に体が冷えてしまいます。そのため、通気性と速乾性のよい素材の服と、フリースやボアなどの温かい服を組み合わせるとよいでしょう。暖房の効いた室内と、屋外との温度差に対応できるようにしておくことが大切です。綿素材の肌着はいちど湿ってしまうと湿り気が乾きにくいものです。綿素材の肌着の場合は着替えを持っていると安心です。

3-1-3.帽子やレッグウォーマー・ブランケットなどを持っていくと安心

冬場に外出する際は、赤ちゃん用の帽子やレッグウォーマー・ブランケットなどのアイテムを持っていくと安心です。特にブランケットがあれば、風よけとして使ったり赤ちゃんを包んだりすることができます。

3-2.「ベビーカーならではの悩み」を解決するアイテムも

ベビーカーで外出する場合は赤ちゃんとお母さんが密着していない分、寒さの心配が大きくなりますよね。ブランケットをかけても、「赤ちゃんが動いてベビーカーの下に落ちてしまう」と悩んでいる人も多いでしょう。そこで、ブランケットをベビーカーに留めるクリップや、赤ちゃんを足元からすっぽり覆うフットマフなどがあると安心です。また、冷たい風が吹いているときは、雨の日に使うベビーカーカバーを使って風よけにする方法もよいでしょう。

3-3.だっこやおんぶでの外出におすすめの防寒グッズも

ベビーカーに乗せずだっこやおんぶで外出する際は、だっこ用のポンチョやケープなどが活躍します。だっこひもに装着できるタイプやベビーカーにも使えるタイプなどさまざまなものがあるため、自分に合ったものを探してみるとよいでしょう。また、赤ちゃんをすっぽり覆う部分が付いている「ダッカー付きママコート」もおすすめです。おんぶができるダッカーが付いたママコートもあるため、おんぶでの外出が多い人は活用してみるとよいでしょう。スリングやへこ帯などの身体に沿うような抱っこ紐を使う場合は、普段着ているご自身のコートがそのまま着用できることが多いです。スリングやへこ帯はコートの下に装着して赤ちゃんを抱っこします。コートの前側を開け閉めすることで簡単に温度調節ができます。

4.室内でできる赤ちゃんの寒さ対策

次に、室内での赤ちゃんの寒さ対策についてご紹介します。

4-1.冬の室内温度は20~23℃が最適

冬に赤ちゃんが過ごす部屋の最適温度は20~23℃といわれています。室内温度を低くして赤ちゃんに厚着をさせる人もいますが、できるだけ暖房機器を使って室内を温め、赤ちゃんには動きやすい服装を心がけてください。

4-2.薄めの掛け布団とフリース素材の敷き布団がおすすめ

赤ちゃんは寝ている間に汗をかきやすいため、大人より少し薄めの布団にしたほうがよいでしょう。薄めの布団と毛布があれば、真冬でも問題ありません。ただし、敷き布団にはフリース素材のシーツを敷いておくのがおすすめです。だっこで気持ちよく寝ていても、ひんやりしたシーツに寝かされたとたん、びっくりして起きてしまう赤ちゃんもいます。

4-3.温度計と湿度計を使ってこまめに管理を

日中は温度計と湿度計をこまめにチェックし、赤ちゃんが過ごしやすい環境を維持しましょう。同じリビングにいても、床やベビーベッドにいる赤ちゃんが感じる温度は大人と違う場合もあります。また、エアコンなどの暖房器具を使う場合は、空気の乾燥にも注意が必要です。赤ちゃんが快適に過ごせる湿度は40~60%なので、加湿器を使ったり洗濯物を干したりして湿度も管理してください。さらに、1時間に1回は窓を開け、換気することも忘れないようにしましょう。

4-4.夜寝る前に寝室を温める

普段過ごしているリビングが温かくても、寝室が寒いと温度差が心配になりますよね。寝る前にはできるだけ寝室を20℃前後に温めておき、安心して赤ちゃんを寝かせられるようにしておきましょう。ただし、暖房を付けっぱなしにしておくと空気が乾燥してしまうため、赤ちゃんが寝た後は暖房を切ることをおすすめします。

またあらかじめ寝具の中に湯たんぽなどを入れて暖めておくと気持ちよく眠れます。インターネットのショップなどでは赤ちゃん用の湯たんぽも売られていますので、チェックしてくださいね。

4-5.寝るときはスリーパーを着せるのがおすすめ

寝るときに厚着をさせると寝返りしにくかったり暑苦しくなったりしがちなので、スリーパーを着せるのがおすすめです。袖なしタイプなら赤ちゃんの動きを邪魔することはありません。また、スリーパーを着せていれば夜中に布団を蹴っ飛ばしてしまっても安心でしょう。

4-6.大人用の寝具に赤ちゃんを寝かせるのは危険!

大人用の寝具で赤ちゃんと一緒に寝るときは、十分注意が必要です。確かに大人用のふかふかな布団は暖かいですが、あくまでも大人用に作られた布団だということを忘れないようにしましょう。赤ちゃんがふかふかなお布団で窒息してしまう可能性や、温め過ぎが原因で汗をかかせてしまう恐れもあるのです。赤ちゃんを安全に寝かせるためには、堅めのマットレスやお布団を使ったり、ベビーベッドや子供用の寝具を床に敷くことをおすすめします。

5.赤ちゃんの寒さ対策に関するよくある質問

「赤ちゃんの寒さ対策について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.寝ている間、赤ちゃんの足が冷えないように靴下を履かせたほうがよいですか?
A.赤ちゃんは体にこもった熱を手足から放熱して体温を調節するため、寝るときの靴下は必要ありません。

Q.赤ちゃんの布団が冷たいのですが、電気毛布を使ってもよいでしょうか?
A.赤ちゃんが寝る前に電気毛布を使って布団を温めておくのはよいですが、赤ちゃんが布団に入る前には取り出してください。脱水させてしまう可能性があります。

Q.赤ちゃんの防寒着を選ぶときのポイントを教えてください。
A.中に着込むことを考えてワンサイズ大きめのものを選ぶとよいでしょう。着脱しやすいもの・軽いもの・手入れしやすいものがおすすめです。

Q.冬の散歩は生後何か月ごろからしてもよいでしょうか?

A.生後1か月を過ぎて健診で問題がなければ、少しずつ散歩に出かけてみることをおすすめします。もちろん、それ以前であっても赤ちゃんの体調が良ければ、たまには冷たい空気を吸わせてみるのは悪いことではありません。いずれにしても、天気が悪い日や風が強い日は避け、お母さんにとっても無理のないようにしてください。

Q.夜間の授乳が寒くて苦痛です。何かよい方法はありませんか?
A.授乳用のインナーを着用する・すぐ羽織れるポンチョや膝掛けなどを枕元に置いておく・スイッチを入れたらすぐ暖まる電気ヒーターを使うなどがおすすめです。

寒い時期には一緒に寝て添い乳をすると胸から下は布団から出ずに授乳できます。でも寒いからといって、自分が布団から這い出ずに赤ちゃんを布団の中に完全に入れて授乳するのは危険です。授乳後にうっかりそのまま寝てしまうと赤ちゃんの窒息に繋がります。授乳して赤ちゃんが落ち着くまでは、ちゃんと起きていましょう。

まとめ

いかがでしたか? 赤ちゃんの寒さ対策について詳しくご紹介しました。赤ちゃんは自分で寒さを伝えられないため、親御さんとしても心配になることが多いと思います。赤ちゃんが寒さを感じているときのサインや、外出時・室内でできる寒さ対策などを知っておくと安心でしょう。ぜひこの記事を参考にして、赤ちゃんと一緒の冬を快適に過ごしてください。


雑誌やテレビでも話題!これまで数十万人のママが愛用!ベビースリング・抱っこひもの専門店