BLOG ブログ

vol.206 キュット ミー!823 おすすめポイント紹介します!!

vol.206 キュット ミー!823 おすすめポイント紹介します!!
News・相談会情報はこちらへ

キュット ミー!823 おすすめポイント紹介します!!

「キュット ミー!とキュット ミー!823 の違いはなんですか?」というお問い合わせをよくいただきます。基本的な形は同じなので、ホームページ上の写真を見ただけではわかりにくいですね。

大きな違いは上下のレールに中綿が上下に入っているかどうか。キュット ミー!823 は中綿が入っていないコンパクトなタイプのスリングです。赤ちゃんの首を支える中綿があるキュット ミー!の方が見た目に安心感があっていいと選んでくださるお客様が多くいらっしゃいますが、実はスタッフの間で人気があるのはキュット ミー!823。なかなか注目されづらいキュット ミー!823 のよいところを改めてご紹介します!

キュット ミー!とキュット ミー!823の違い

キュット ミー!キュット ミー!823
中綿ありなし
肩パッド厚め(2~2.5cm)薄め(1~1.5cm)
重さ(しじら織り)約460g約290g

コンパクト!

キュット ミー!823 の最大のポイントはコンパクトであること。巾着袋もついて携帯に便利です。

左側:キュット ミー! 右側:キュット ミー!823

テールが引きやすい!

キュット ミー!は布を折り返して中綿を入れるレール部分を作っているため、リングの中の布の分量が多目になります。それに対して、キュット ミー!823はリングの中の布が少ない=摩擦が少なくなるので、スムーズにテールが引けます。

左側:キュット ミー!のリング周り 
右側:キュット ミー!823のリング周り

M字に開きやすい

キュット ミー!の場合、小柄な赤ちゃんを抱っこする時、下側の中綿があることで脚をM 字に開きにくいことがあります。(そのため、下側の中綿を抜いて使用することをおすすめすることもあります。)その点、キュット ミー!823は赤ちゃんの脚もM 字にしやすいです。
また中綿がないスリングの場合、棒状(バンチ)にしたポーチに赤ちゃんを座らせてから背中に布を広げるという方法で抱っこができます。この方法はうまくM 字が作れないという方におすすめです。

バンチ式のスリング抱っこの方法はこちら
vol.180 初めてのキュット ミー!赤ちゃんの足をM字に開くにはどうしたらいいの?

涼しい!

中綿は熱がこもりがち。中綿なしの方が断然涼しいです。
(反対にキュット ミー!のレールの中綿は冬の寒い時期には赤ちゃんのマフラー代わりにもなり保温に役立ちます。)

体型の違う人とシェアしやすい!

キュット ミー!の場合、使う人の体型に応じて中綿の位置をSS、S、M と調節する必要があります。シェアする人同士の体型が大きく異なる場合、中綿がない方が中綿位置を調節する必要がないので手間を省けます。
また、とても大柄の方、とても小柄の方の場合も中綿がない方が使い勝手がよいです。

【参考】キュット ミー!の中綿位置の目安

SS:女性 普段の服がS~M
S:女性 普段の服がM~L
男性 普段の服がS~M
M:女性 普段の服がL以上
男性 普段の服がM~L以上

首すわり前の赤ちゃんにはテールで首まくらを

キュット ミー!823 を買う時に心配になるのが、「首を支える部分がなくていいの?」ということだと思います。でも大丈夫です。テールを使って簡単に首まくらを作ることができます。

いかがでしょうか?使い方に慣れると中綿がない方が扱いやすく感じられるので、キュット ミー!ユーザーの中には中綿をはずして使っていらっしゃる方もいます。確かに中綿を抜けばキュット ミー!823 には近くなりますが、コンパクトさとテールの引きやすさではキュット ミー!823 には敵いません。
キュット ミー!に比べて少し脇役のような存在のキュット ミー!823。そのよさを知っていただけたらうれしいです!


次号予告

抱っこやおんぶを卒業したら…
キュット ミー!とへこおび リメイクアイデアをご紹介します!

使い終わったキュット ミー!やへこおび、そのまま捨ててしまうのはなんとなくもったいないな、寂しいなと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。1枚布の抱っこひもは使い終わってもまたかわいく生まれ変わることができます。そんなリメイクアイデアを次号でご紹介します。


編集後記

西日本で発生した地震や豪雨により被災されたみなさまには心よりお見舞い申し上げます。1日も早い復興をお祈りしております。
今月はキュット ミー!823について特集しました。実は、先月発売になったカマイユがキュット ミー!823のみの展開であることからこちらの特集記事を書こうと思った次第です。「カマイユの色は欲しいけど、キュット ミー!がないならやめておこうかな。。。」と思われる方もいるのではと思ったのです。そんなこと言わないでください!カマイユは本当にいい色ですよ!という思いを込めて記事にしました。
ちなみに、「キュット ミー!823の823ってどのような意味ですか?」と疑問に思われている方も多いのでは?と想像します。「823」は“Thinking of you”の文字数(8文字・2文字・3文字)を取ったものです。北極しろくま堂のスタッフの間ではキュット ミー!をつけずに「823」と呼ばれています。
キュット ミー!823でも、キュット ミー!でも使い方は変わりませんので、使う方が快適に安心して使えるものをお選びいただけるのがいちばんです。どちらがいいのか迷うことがあったら、ぜひご相談下さい!
SHIROKUMA mail editor: MK②

EDITORS
Producer Masayo Sonoda
Creative Director Mai Katsumi
Writer Mai Katsumi, Masahiko Hirano
Copy Writer Mai Katsumi, Masahiko Hirano
Photographer Yasuko Mochizuki, Yoko Fujimoto, Keiko Kubota
Illustration 823design Hatsumi Tonegawa
Web Designer Nobue Kawashima