帰省や旅行で赤ちゃんと飛行機に乗るときに便利な抱っこ紐、リングスリング!


夏の帰省シーズンもそろそろ視野に入ってきたこの頃。遠方の方はチケットの予約や交通機関までのシミュレーションなど気持ち的にもそわそわしますね。航空券の予約時には赤ちゃんがいることを明確に伝え、様々な予約をしておくことを強くお勧めします。
この記事では特に飛行機利用の方に便利な抱っこ紐とその使い方をご紹介します。

*なお、航空会社によって対応は違うようです。予約の際にご確認されることをお勧めします。

1.赤ちゃん連れでの飛行機搭乗の注意点と困る点

1-1.赤ちゃん連れで飛行機に乗る場合はどんな選択肢がある?

赤ちゃんの月齢や運動発達の具合にもよりますが、赤ちゃんと一緒に飛行機の旅を楽しむには大きく分けてふたつの選択肢があります。
まず月齢小さめで寝返りもできない段階なら、あらかじめ「バシネット」を予約時に申請しておくとよいでしょう。バシネットは赤ちゃんのための小さめのベッドで、通常は最前列の壁に取り付けてくれます。そのため、親の機内の座席も最も前に指定されることになるでしょう。赤ちゃんの生活リズムに合わせて(お昼寝時間)飛行機を予約すれば、寝かしつけも比較的簡単になりますよね。
もうひとつの選択肢として、お膝に載せて抱っこ+抱っこ紐おんぶ紐の利用があります。バシネットに寝かせるような赤ちゃんでも離着陸時には耳が痛くなることがあるので、抱っこじゃないとおさまらないこともあるでしょう。
つまり、抱っこ紐や長時間であればおんぶ紐も機内に持ち込むのがベストです。バシネットを使わないのであれば、座席を非常口の前に予約するのも良いでしょう。

1-2.機内で禁止されていること

「ベビーカーでゆらゆらさせれば、うちの子は寝てくれる!」というママとパパ。残念ながら機内にはベビーカーはほぼ持ち込みできません。搭乗直前まで利用することは可能で、搭乗前に係員が預かって荷物(貨物)の方に載せてくれるでしょう。あらかじめ依頼しておけば、着陸後もすぐに使用することもできます。また空港内のベビーカーを直前まで借りることもできます。
その他、授乳専用のお部屋やスペースもありませんので、それなりの準備が必要になります。もちろん、座席で授乳することも可能で禁止事項ではありませんが、その場合の注意点は3-1を読んでくださいね。
日本では赤ちゃんの泣き声に敏感になるような風潮がありますが、国際線の場合は雰囲気は多少違います。ただし親御さんとしてはずっと泣いている状態だといたたまれない気持ちになることでしょう。気を紛らわすおもちゃなども持っていくと良いですし、最近はwifiが飛んでいる機内もありますので、動画を見せるのも手段のうちのひとつです。

2.飛行機ではスリングが便利!

2-1.飛行機で抱っこ紐が必要な理由

普段の環境とまったく違う機内に慣れない赤ちゃんは泣いてしまうこともあるでしょう。離発着時にはお膝抱っこならOKとか、座らせてシートベルトをするなど、航空会社によって対応が違うようです。安定したフライト中なら、泣いたり落ち着かない場合は抱っこしてゆらゆらしたり、食事時間でなければ少々機内を歩き回ったりすることも効果があります。
そのために抱っこ紐を持っているととっても便利なのです。
もちろん素手だけでも抱っこはできますが飛行中は急に揺れる場合もありますので、抱っこ紐で赤ちゃんをキープしてとっさの場合に手が使えるように両手はあけておくほうがより安全です。
もちろん月齢や発達がクリアしていれば、おんぶ紐もアリですが、おんぶ紐はおんぶするのに少し手間と空間が必要になるため、狭い機内ではあまりお勧めできません。また狭い通路や座席前で装着するわけですから、赤ちゃんの位置が低いおんぶでは見えないところにおぶわれる赤ちゃんをゴツンとぶつけてしまう可能性もあります。

2-2.特にお勧めの抱っこ紐のタイプ

首すわり前の赤ちゃんも縦方向の抱っこができるので、まずは縦方向に抱っこできるものを用意することをお勧めします。下のイラストを見てください。横抱きできる抱っこ紐だと幅を取るので、狭い機内では装着が難しくなります。また抱かれた赤ちゃんは親の身幅よりも広いので、狭い通路では行き来がしにくくなります。

横抱きできる抱っこ紐

その点、縦方向ですっきりと抱っこできるものなら狭いところでも装着や移動がしやすいのです。

縦方向の抱っこ紐

装着するのに赤ちゃんを寝かせなければならないとか、クッション材などを仕込まなければならないというのは狭い機内では装着が難しくなります。気軽にパッと装着できるものをお勧めします。
装着の雰囲気はこちらを見てください。

3.飛行機でのスリングの選び方、使い方

3-1.特にお勧めのスリングのタイプ

スリングのタイプでお勧めしたいのは、パウチという調整する部分がまったく付いていないもの(ただし伸縮性がないもの)とリングスリングです。
パウチでも伸縮性があるものはお勧めできません。使用者側が疲れやすいのと、横抱きしてしまうと赤ちゃんが丸くなり窒息に繋がりやすいからです。伸びない布でできていて、縦方向に抱っこできるものを選びましょう。
リングスリングは密着感の調整ができるので、”赤ちゃんが落ち着いたから膝に降ろしたい”ときにも全体を緩めれば、赤ちゃんをスリングにいれたままチェアベルトのようにお膝に載せて肩の負担を減らすことも可能です。

3-2.機内でのスリングの使い方

リングスリングの場合、このようなことが可能です。

  1. 使用者は肩にかけたままにしておき、抱くときにはささっと抱き上げて密着度を調整するだけ
  2. 授乳するときには目隠し(授乳ケープ代わり)に胸のところを隠す
  3. 赤ちゃんが落ち着いたら、バシネットに寝かせることも簡単
  4. お膝に座らせて過ごすときには、スリングをチェアベルト代わりにする

リングスリングの装着例

3-3.機内での注意点

赤ちゃんにとっても赤ちゃん連れの親としても、初めての飛行機利用は緊張するものです。
赤ちゃんが泣いたらどうしようとドキドキしてしまう気持ちもよくわかります。泣いたときの対処方として普段は抱っこして歩き回るということをしていても、狭い機内では逆に迷惑になってしまうこともありますし、食事提供中では無理ですよね。
授乳して落ち着くなら、授乳しやすい服装で大きめのケープを使用する(ただしケープを長い時間かけておくと赤ちゃん周辺の空気は二酸化炭素がふえるので、時々換気してください)ことも良いと思います。
とにかく、まずは親御さんがどっしり構えていることが大切です。どぎまぎしている気持ちは赤ちゃんにも伝わります。
抱っこ紐を装着するときには、どうしても身振り手振りが大きくなってしまうので、周囲の方に迷惑にならない場所で装着することも考えようですね。たとえばCAさんに少しお手伝いしてもらうとか、最初から非常口の前の前面スペースが広いところに座席を予約するのも一考です。

まとめ

いかがですか。抱っこ紐、それも布製のリングスリングを1本持っているだけで、赤ちゃんとの過ごし方やいざというときの対処の幅がずいぶん増えます。
筆者は子連れで飛行機に乗ったときに、当時3歳の子どもが興奮して何度もお手洗いに行きたいと言って困ったことがありました。そうです、子ども連れなら座席は通路側をとるのが正解だと思いますよ。
また離着陸時に子どもが耳が痛いと訴えるので困っていたら、CAさんが3つ重ねた紙コップ(手が熱くならないように)に熱湯とティッシュを入れて持ってきてくれました。暖かい蒸気を耳に当てると耳鳴りが和らぐのだそうです。実際にそれで子どもの耳鳴りがよくなったのかわかりませんが、親以外の誰かが親切に何かをしてくれたという行為だけで、子どもも少し悟ったようでした。

ぜひ搭乗前からリングスリングになれていただき、親子とも快適な旅をお楽しみくださいね!


雑誌やテレビでも話題!これまで数十万人のママが愛用!ベビースリング・抱っこひもの専門店