赤ちゃんの夏風邪を予防するには? 冬風邪との違いや対処法を解説!


赤ちゃんいよいよ夏本番がやってきました。
夏休みに、赤ちゃんと初めての遠出を計画している方もいるでしょう。
しかし、この時期怖いのが夏風邪です。
風邪は冬にひくものというイメージがありますが、夏風邪をひく赤ちゃんも少なくありません。
そこで、今回は夏風邪の原因や予防法をご紹介しましょう。
夏は室温と屋外の温度差が大きいので、大人でも体調を崩しやすいのです。
赤ちゃんならばなおさらかもしれません。
初めての夏をむかえる赤ちゃんがいるというママは、ぜひこの記事を参考に夏風邪予防をしてください。

目次

  1. 夏風邪と冬の風邪の違いとは?
  2. 夏風邪を発症する原因とは?
  3. 夏風邪をひいたらどうしたらいいの?
  4. 夏風邪を予防する方法とは?
  5. おわりに

1.夏風邪と冬の風邪の違いとは?

この項では、夏風邪と冬風邪の違いをご紹介します。
夏風邪ならではの特徴は何があるのでしょうか?

1-1.手足口病やプール熱など厄介な症状が出ることも

夏風邪の原因となるウィルスは、暑さと湿気を好むエンテロウィルスやアデノウィルスです。
エンテロウィルスは手足口病、アデノウィルスはプール熱の原因にもなります。
どちらも特効薬や予防薬はなく、症状に対する対症療法しか行うことができません。
症状が治まっても2~4週間はウィルスが存在しているので注意が必要です。

1-2.消化器官に症状が出る

冬の風邪は、せきやのどの痛みなど、呼吸器官に症状が出ることが多いです。
それに対して、夏の風邪は、下痢や吐き気など、消化器官に症状が現れます。
ただし、呼吸器官に全く症状が出ないわけでもありません。
アデノウィルスが咽頭に感染すると激しいせきが出る「咽頭結膜炎」になる場合もあるのです。
ただでさえ汗をかきやすい夏場に下痢や吐き気が続けば、脱水症状になる恐れもあります。
下痢や吐き気が止まらない場合は、できるだけ早く病院に行きましょう。

1-3.長びく

冬の風邪は、高熱が出た後に2~3日で症状が改善することが多いです。
しかし、夏風邪の場合は良くなったかなと思っても、症状がぶり返すことも少なくありません。
人によっては完治までに2~3週間かかる場合もあります。

2.夏風邪を発症する原因とは?

では、夏風邪を発症する原因はなんでしょうか?
この項では、その一例をご紹介します。

2-1.室内と屋外の気温差

夏は、室内と屋外の気温差が激しくなります。
外では汗をかくくらい暑いのに室内は上着が欲しくなるくらい寒いことも、珍しくありません。
大人でも冷房病にかかる人もいるでしょう。
赤ちゃんは、大人よりも体温調節がうまくできません。
暑い屋外と寒い室内を行ったりきたりしていると、自律神経がうまく働かなくなる赤ちゃんもいるでしょう。
また、暑い屋外から寒い室内に入ると汗で余計に体が冷える場合もあります。

2-2.家族からの感染

夏風邪は赤ちゃんだけでなく、大人や子どももかかります。
ですから、家族から赤ちゃんに感染することも珍しくありません。
特に、お兄ちゃんやお姉ちゃんがいる場合は学校や幼稚園で感染してくる場合もあるでしょう。
抵抗力のある子どもには症状は出ず、赤ちゃんだけが発症する場合もあります。

2-3.体力の低下

赤ちゃんも夏バテを起こします。
特に、自律神経がうまく働かなくなると消化器官の働きが悪くなり、食欲もなくなりがちです。
ミルクの飲みや離乳食を食べる量が減ってきたら注意しましょう。
食欲がなくなると抵抗力が落ちて風邪の菌に感染しやすくなります。

3.夏風邪をひいたらどうしたらいいの?

では、赤ちゃんが夏風邪を引いてしまったらどうしたら良いのでしょうか?
この項では、夏風邪の対処法をご紹介します。

3-1.熱があるときは適度に体を冷やす

発熱がある場合は、体を適度に冷やすと楽になります。ただし、発熱は免疫力と病原菌が闘っている状態ですので、無理に熱を下げる必要はありません。首の付け根に冷たいタオルをそっと添える程度が良いでしょう。また、脱水症状に注意して、白湯(さゆ)や乳児用イオン飲料などでこまめに水分補給をしてください。

3-2.病院に行く

症状が悪化すると、食事や水分が取れなくなることもあります。
このような場合はすぐに病院に連れて行きましょう。
特に、6か月未満の赤ちゃんは別の感染症の心配もあります。
「夜になったら急に具合が悪くなった」という場合は、翌日まで待たずに夜間救急を利用してください。
いざというときのために、夜間救急を行っている病院を調べておくと便利です。
また、赤ちゃんがぐったりして意識がなくなった場合や熱性けいれんを起こした場合は、すぐに救急車を呼んでください。
赤ちゃんに限っては「風邪なんて寝ていれば治る」ということにはなりません。
病院で適切な治療を受けてください。

3-3.具合が良くなっても油断しない

夏風邪は一度良くなってように見えても、症状がぶり返す場合もあります。
ですから、具合が良くなったように見えても、それから2~3日は安静に過ごしてください。
その期間は、何か予定があったとしても延期するのが一番です。

4.夏風邪を予防する方法とは?

では、最後に夏風邪を予防する方法をご紹介します。
ちょっとしたことに気をつければ夏風邪にかかりにくくなるでしょう。

4-1.人ごみに連れて行かない

人が多くなれば、それだけ夏風邪の菌を持っている方も増えます。
ですから、夏風邪が流行している時期は人ごみに赤ちゃんを連れて行かないように注意しましょう。
特に、子どもがたくさんいる場所に連れて行くと、感染しやすいです。
また、外から帰ったらうがいと手洗いをしっかり行ってください。

4-2.室内に入るときは汗を拭き、上着を着せる

汗をかいたまま薄着で室内に入ると、冷房で体が冷えてしまいます。
ですから、室内に入る前に汗を拭いて入りましょう。
赤ちゃんにはあらかじめ背中に汗取りのガーゼを挟んでおいて、汗をかいたらそれを外してあげればよいでしょう。
また、寒くなったときにすぐにはおれる薄手の上着を常備しておくと便利です。

4-3.しっかり食べて抵抗力をつける

ミルクの飲みや離乳食をしっかり食べてくれれば、抵抗力も上がって風邪をひきにくくなります。
離乳食は暑い時期でも食べやすいように、のどごしが良いうどんやそうめんに野菜を入れてみましょう。
また、睡眠も大切です。
暑くて赤ちゃんが寝苦しそうにしている場合は、冷却シートなどを敷いてあげると良いでしょう。

5.おわりに

いかがでしたか?
今回は夏風邪の原因や予防法についてご説明しました。

  • 夏風邪と冬の風邪の違いとは?
  • 夏風邪を発症する原因とは?
  • 夏風邪をひいたらどうしたらいいの?
  • 夏風邪を予防する方法とは?

以上のポイントを押さえて、赤ちゃんの夏風邪対策を行ってください。
赤ちゃんは生まれてから半年くらいは、親の免疫力を受け継いでいるので病気になりにくいと考えられています。
しかし、免疫力があるからといってまったく病気にかからないわけではありません。
特に、保育園に通っている赤ちゃんは、周りの子に夏風邪をうつされてしまう恐れもあります。
赤ちゃんだけでなくママもうがいと手洗いを徹底して、夏風邪の感染を予防しましょう。


雑誌やテレビでも話題!これまで数十万人のママが愛用!ベビースリング・抱っこひもの専門店