スリングを使うメリットを考えてみる


「使いこなすのが難しい」「赤ちゃんがぎゃん泣きしたからタンスの肥やし」と言われる一方で、「これがなければ私は子育てできなかった」と言うような両極端な意見をいただいてしまうリング・スリング。使えない道具や結局つかわなかった育児用品は皆さんのまわりにもいっぱいあると思いますが、「これがなければ子育てできなかった」とまで評価されるスリングのメリットをご紹介します。

両手があく

密着しているから不安定感がない

リング・スリングを正しく使用するとママの鎖骨あたりに赤ちゃんのお顔がぴったりと寄り添うような状態になります。体は布で包まれ、お尻が下がりお膝が持ち上がったような姿勢になります。つまり赤ちゃんの体全体がぴったりとママにくっついているのです。
そのためママは抱いている時の不安定感から解放され、両手を離してもまったく不安がありません。

上の子のお世話ができる

そうなのです。不安定さがないので上の子のお世話ができます。筆者は第2子でスリングを使い始めましたが、まだ下の子が首がすわらないうちから上の子の手をひいてお散歩に行くことができました。
あと、スリングは3歳くらいまでは使用できるので、赤ちゃん返りしてしまった上の子をこっそりスリングに入れてあげると喜んで満足してくれました。上の子からするとスリングは赤ちゃんが入っているもの=スリングに入ると「大切にされている」という意味合いになるようです。赤ちゃん返りで困っているママは試してみてはいかがでしょう?

いざという時には赤ちゃんをフォローできる

両手が空くからといって添えなくてもよいというわけではありませんし、スリングを使っているママを観察するとたいていの方は赤ちゃんを包み込むように腕全体で抱いたり、お尻や背中を優しく撫でたりしています。
つまり手が空いているということは、愛撫から危険回避までいろいろなことができるわけです。何かものが倒れてきそうだったら利き手で回避してもう一方の手で赤ちゃんを守るとか。病院受診の問診票も抱っこしたまま書けるとか。
手が自由になるととっても便利です。こんなことマタニティのときには考えもつかなかったかもしれませんが、忙しいママにとっては重要なことなのです。

赤ちゃんがよく寝る

赤ちゃんのリラックスには姿勢が関係している

赤ちゃんは背中が丸くゆったりとカーブして、腰がゆるみ、脚は開脚し膝が曲がっていると安心します。つまり子宮の中にいた時の姿勢です。
スリングに入るとこの姿勢をとるので、リラックスする赤ちゃんが多いです。
もし周りに「うちの子は背中が反っている方が好きなの」というママがいたら、ベビーマッサージをしてあげるようにそれとなく伝えて下さいね。背中が反っている方が楽という状態はヒトにはありません。背中がこっているかもしれません。

よくおぶわれている子はよく寝ているという調査結果も

ある研究によると、アフリカのおんぶして育てる民族の赤ちゃん(4カ月児)の日中に寝ている時間を計ったところ、おぶわれている間の60〜70%は寝ているのだそうです。ところが同じ赤ちゃんでもおぶわれないで床などに寝かされて世話をされている日はあまり寝ません。
ヒトの赤ちゃんはリズミカルに動いていると眠くなるようです。このことは理研の「抱っこして歩くと赤ちゃんがリラックスする仕組みの一部を解明」という研究結果のニュースでも同様のことが言われています。

泣いている時間が少ない

クワイエット・アラートネス

『シアーズ博士のベビーブック』(主婦の友社/2000年)によると、スリングで抱っこされた赤ちゃんは体だけでなく、精神的な発達も期待できるそうです。それは『クワイエット・アラートネス』といわれる、覚醒していながら感覚が研ぎ澄まされた状態が続くという意味だそうです。『これは子どもがもっとも満足して、最もよく自分の周囲環境を受け入れたり働きかけたりする行動学的状態を指して』いるそうです。

エネルギーを成長のために使える

つまりスリングに入って満足している赤ちゃんは、泣いたり機嫌を悪くしている時間を成長や発達のためにつかっているということなのです。
ママだって、赤ちゃんが泣いているとなだめたりあやしたりということにエネルギーを使いますが、赤ちゃんがご機嫌でいてくれるならより積極的に話しかけたりお世話したいという気持ちになりますよね。

まとめ

いかがでしょうか。スリングは使いこなすまでに練習が必要とか、時間がかかるというデメリットがあります。スリングの構造をよく理解しないで作られたものもあり、使いづらいということさえ気付かずに「スリングって使えない」という評価をいただいてしまうこともあります。(それはとても残念なことです)
でもママと赤ちゃんにとって便利なだけではなく、成長にも重要なメリットを与えてくれるものなのです。ぜひ良質なスリングをお手にとって、たくさんのママと赤ちゃんが幸せな蜜月をすごしていただきたいと思います。


雑誌やテレビでも話題!これまで数十万人のママが愛用!ベビースリング・抱っこひもの専門店