知っておきたいおんぶ紐の種類


おんぶ紐日本にはたくさんの種類のおんぶ紐が売られています。これからおんぶしようと考えているママは選ぶ楽しさがある反面、迷うこともありそう。
今日はおんぶ紐の種類と選び方、使いわけの智恵をご紹介します。

とにかく楽におんぶしたい

抱いていないと、触れていないと機嫌が悪くなる赤ちゃんがいます。ママとしては夕食の準備くらいしたいと思っても特に夕方は泣くので(俗に言う「黄昏泣き」)困っちゃいますね。
家の中だからかっこうは気にせずに身体に負担なくおんぶしたいなら、昔ながらのばってんおんぶひもがお勧めです。ばってんおんぶ紐は上半身で赤ちゃんの重さを分散させます。
ばってんになると胸が強調されて嫌だと感じるママがほとんどですが、高い位置でおぶうことによってママへの負担はぐんと軽くなるのです。
反対に低い位置でしかおぶえないおんぶ紐は肩だけに赤ちゃんの重さがすべてかかってくる構造になります。リュック型のおんぶ紐のメリットは胸のカタチが強調されないことにありますが、肩への負担は大きくなります。

昔ながらのおんぶ紐は胸の前で紐をねじります。このねじる位置を鎖骨の下あたりにして胸を回避しながら結ぶと更に楽におぶうことができます。
兵児帯(へこおび)がある方はぜひ兵児帯をお使いください。肩のところで布を広げられるため、とても楽に過ごせますよ。

高い位置でおぶえることは、赤ちゃんの教育にも躾にも良い効果をもたらします。

おんぶで外出したい

おんぶで外出する場合は、上記の昔ながらのおんぶ紐や兵児帯をして胸が見えないように上着で隠すか、あるいは最初から腰ベルト&リュック式のおんぶ紐を用意するかどちらかが良いと思います。
腰ベルト&リュック式のおんぶ紐(たいていは抱っこおんぶ兼用になっている)は、腰と肩に負担を分散させる効果があります。

ただし、上記のばってんおんぶ紐などに見られた教育や躾などの効果はあまり期待できないでしょう。なぜなら赤ちゃんがまわりを見ることができないからです。赤ちゃんが様々なことを学ぶのは見てそれを真似るからなのですが、赤ちゃんは見たことがないものを真似ることはできません。料理をよく観察している子はままごとをしてもたくさんの料理を作ることができますが、あまり見たことない子はその表現は比較的少ないかもしれません。

その他に、布一枚でだっこやおんぶをする「Baby wrap」があります。
日本ではあまり見かけませんが、これも使いこなせるととても楽におんぶし続けられます。興味がある方は検索してみてくださいね。兵児帯もBaby Wrapの一部ですが、海外で使われているものは幅が60センチ以上ありますので、使い方がまったく違います。ご参考までに。


この記事の執筆者

園田正世(そのだまさよ)
北極しろくま堂有限会社 取締役

北極しろくま堂有限会社 取締役 園田正世(そのだまさよ)

2000年〜北極しろくま堂有限会社 取締役
2010年〜非営利活動法人だっことおんぶの研究所 理事長
2013年〜本格的にベビーウェアリング(抱っこやおんぶ)の研究を続けている。
東京大学大学院学際情報学府博士前期課程修了
同大学院博士後期課程在学中

雑誌やテレビでも話題!これまで数十万人のママが愛用!ベビースリング・抱っこひもの専門店