スリングでは揺さぶられっ子症候群にはならない


スリングは縦方向に抱っこするものだし、抱っこしたまま普通に歩けるみたいだし、赤ちゃんが揺さぶられっ子症候群になっちゃったりしないかな? というご心配をうかがうことがあります。
結論は「そのようなご心配はご無用です」。
揺さぶられっ子症候群とは、まだ体がしっかりしていない生後6カ月くらいまでの赤ちゃんが激しく体(特に頭)を揺さぶられたりすることで発症します。
wikipediaによると揺さぶられっ子症候群を誘発するものとして以下のような事例が報告されているそうです。

頭を2秒間に5~6回揺する
体を10秒間に5~6回の割合で激しく揺する
体を20分間左右に揺する
「高い高い」で空中に投げ上げてキャッチを繰り返す
両手で抱え、急激に持ち上げゆっくり下ろすことを繰り返す
揺り篭に入れたまま、6歳の兄が大きく・早く何度も揺すった
(Wikipediaより引用)

歩く振動は安全

スリングでは当該の月齢の赤ちゃんの体を縦方向に抱っこし、身体全体〜後頭部まできつすぎず緩すぎずに布で覆います。いつも後方に倒れていることもなく、かといって苦しいほどママに押さえつけられているわけでもありません。
このような安定した状態でママが歩いても「揺する」という動きにはならずに、優しく「揺れて」気持ち良くリラックスするでしょう。

最近ではベビーダンスのレッスンに行かれるママも多いです。ベビーダンスのような歩行とはまた少し違う動きをする場合は特に密着した抱っこ紐をお使いになると良いと思います。密着していない=ママの動き以上に赤ちゃんは上下左右に揺らされることになります。もちろん激しい運動をするわけではありませんのでご安心を。ママと密着した抱っこをされてゆっくりと優しいワルツやサンバを踊ったら赤ちゃんも気持ち良くなると思いますよ!

生後6カ月までは緩い抱っこ紐や大きなチャイルドシートにご注意を

以上のようにスリングの基本的な抱っこで通常の生活を送ることは揺さぶられっ子症候群にはならないということがわかりました。他に気を付けることは緩い抱っこ紐ですね。

  • 赤ちゃんが抱っこ紐の中でくしゃっと小さくなってしまう。
  • ママのお腹と赤ちゃんの間に手が余裕で挟めてしまう。

という状態では赤ちゃんはママの動き以上に揺さぶられています。生後6カ月くらいまではまだ体の筋力もそれほどないので赤ちゃん自身が姿勢を維持することも難しいです。

また長時間のドライブでは途中で休憩を入れることはもちろん、チャイルドシートは月齢にあったものを選ぶことも大切です。首座り前だけしか使えないチャイルドシートはレンタルして、長期間使うものは購入するなどレンタルを上手に利用するのも一考ですね。

欧米では子どもを叱る時に肩を持って揺さぶるというやり方が多いようです。映画などでもそういうシーンがありますよね。
泣きやまない赤ちゃんをいくら揺さぶっても泣きやみません(これは明白です)。しかし、もし揺さぶることで泣きやみ、その後5〜6時間も眠り続けるとしたら揺さぶられっ子症候群を疑った方が良いようです。


雑誌やテレビでも話題!これまで数十万人のママが愛用!ベビースリング・抱っこひもの専門店