抱っこ紐のお洗濯方法 〜洗濯機 使える? 使えない?〜


抱っこ紐毎日使う抱っこ紐。夏の暑さでお母さんも赤ちゃんも汗をかいたり、よだれで汚れたり、ミルクを吐いたり・・・。歩くようになると靴のまま抱っこするから気がつかないうちに靴の汚れも付いちゃったりしますよね。

「抱っこ紐ってお洗濯できるのですか?」というご質問をいただくことがあります。今日は抱っこ紐別にお洗濯の方法を調べてみましたのでご紹介しますね。

洗濯が可能なすべての商品に共通しているのは、蛍光染料入り洗剤や漂白剤の使用は避けていただきたいということ。赤ちゃんに使うのだから洗剤は肌にも地球にも優しいものを選びたいですよね。

腰ベルトや肩ベルトがあるタイプ

本体はキャンパス地であっても、ベルト部分にナイロンテープが使われていたり、バックルがついているので洗えるのかどうか迷いますよね。それにできれば洗濯機で洗いたい!
現在、多数流通している代表的なエルゴベビーとベビービョルン ベビーキャリアは共に洗濯機で洗えます

共通事項は①ネットに入れる、②バックルなどを留めること。
エルゴベビーは水でお洗濯して低温の乾燥機もかけられるのですが、ベビービョルンは40℃程度のお湯を使うことを推奨し、乾燥機は不可です。
生乾きで使うのは菌が繁殖したりして不潔だし使う私たちも気持ちがよいものではありませんから、天気の良い日に洗いたいものです。

ベビースリングやベビーラップなどの一枚布でできているもの

これは間違いなく洗濯機で洗えます
ただし一部の素材を除いて、です。
商品には必ず「組成表示」と言われる素材の構成がついています。普通は小さなタグが縫い付けられていますが、商品袋に紙が入っている場合もなきにしもあらず。
ネットに入れてお洗濯。弱流水で回せます。

乾燥機はOKだったりNGだったりというものですが、平たい布なので干していても比較的早く乾きます。
除外する一部の素材ですが、素材に絹やウールが使われているものは洗濯機はやめた方が良いでしょう。洗剤もそれなりのものを使用する方が無難です。
ベビースリングは肩パッドがついていてもいなくてもリング周辺は布が厚くなっているので、その部分が少しだけ乾きにくいかもしれません。

頭あてがあるおんぶ紐や抱っこ紐

紐や布本体の部分はネットに入れて洗濯機で洗えます。
ちょっと硬い頭あてがついている商品があります。あの部分は中にベルポーレンという板を使っていることが多く、ダンボールではないのでご安心を。ですから洗えます、が、洗濯機は使用しない方が良いです。頭あてだけ外せるような仕様になっているので、それだけは手で押し洗いした方が良いです。洗濯機で回すと角の布が擦れて破れやすくなります。

まとめ

どうでしたか?
抱っこ紐のお洗濯のポイントとして4つご紹介しました。

  • 蛍光染料入りや漂白材入りの洗剤は避ける
  • 洗濯ネットを使えば洗濯機で洗えるものが多い
  • テープやファスナー、バックル類はしめてからネットに入れる
  • 乾燥機は使えないものもある

日本の製品は乾燥機を使用不可にしているものが多いです。一般的に織物でできているものは急激な乾燥による縮みは少ないですが、素材も関係しているので一概に乾燥機使えるとは言えません。
「抱っこ紐がないと一日も暮らせない〜!」というママも多いはず。簡単なセカンド抱っこ紐を用意して清潔な毎日を過ごしてはいかがですか。


この記事の執筆者

園田正世(そのだまさよ)
北極しろくま堂有限会社 取締役

北極しろくま堂有限会社 取締役 園田正世(そのだまさよ)

2000年〜北極しろくま堂有限会社 取締役
2010年〜非営利活動法人だっことおんぶの研究所 理事長
2013年〜本格的にベビーウェアリング(抱っこやおんぶ)の研究を続けている。
東京大学大学院学際情報学府博士前期課程修了
同大学院博士後期課程在学中

雑誌やテレビでも話題!これまで数十万人のママが愛用!ベビースリング・抱っこひもの専門店