BLOG ブログ

vol.67 対談「まねっこでいいからだっこして」第一部

vol.67 対談「まねっこでいいからだっこして」第一部
News・相談会情報はこちらへ

絵詞作家 内田麟太郎さん × 北極しろくま堂店主 園田正世
対談「まねっこでいいからだっこして」第一部

幼い頃虐待をうけてきたことでわが子を抱けないお母さんが、「まねっこでいいから」と抱っこをせがまれ、まねっこの抱っこをきっかけに親子の絆を築いていく。そんな絵本「まねっこでいいから」をはじめ数多くの絵本や童話を手がけていらっしゃる絵詞作家(えことばさっか)内田麟太郎(うちだりんたろう)さんに絵本のエピソード、親子関係、幼少期の体験など多岐にわたりお話しを伺いました。


園田
内田さんはユーモアあふれる絵本から「まねっこでいいから」のようなメッセージ性の強い作品まで、本当にジャンルが多岐にわたって書いていらっしゃいますよね。
 
内田
対象にまっすぐ向かったマジメな本も書きますが、そういうものばかり書いていると絵詞作家としてある意味で危ないからナンセンスものも書くんです。
 
園田
バランスをとっていらっしゃるということでしょうか。

内田
そうそう。真面目なものっていうのは世間的に尊敬されやすいんです。そうすると危ないから、危ないと言うのは早く年をとっちゃうから。周りに年寄りにさせられちゃうでしょう。だから次は、チャンカチャンカチャンをやるぞって。
 
園田
おもしろいですね。一人の人の中にこういう感覚って同居しているんですね。
 
内田
そんな特別なことではないんですよ。友達には、「同じ人間が書いたとは思えない、おまえの脳みそ見せてみろ」って言われるんですが。
絵本ってお母さんが登場するものが多いんですよね。幼年向きの作品を書いている人は必ず書いているんじゃないですかね。私はそれを書いたのが遅かったんですよ。それからはなんとなく書いているという感じです。


「まねっこでいいから」
瑞雲社
内田麟太郎・文
味戸ケイコ・絵
「とっくんとっくんとっくん」まねっこの抱っこが母親の気持ちをとかし、子どもの笑顔を取り戻していく。
庭で様子を見ていた犬、猫、うさぎもまねっこの抱っこをして・・


園田
今回対談をお願いするきっかけになった「まねっこでいいから」はまさしくお母さんものの絵本ですが、これは実際のモデルさんがいらっしゃるそうですね。

内田
私のホームページの掲示板に、親から虐待をうけてこられて、自分の子どもが二人いるんだけど、抱っこができないという投稿がありまして。それでその人のかかっているお医者さんがたまたま私の本を読んでおられたらしく、「内田さんの絵本を読まれたらいかがですか。」とアドバイスされたそうなんです。私自身も継母につらくあたられた経験があったので、何度かメールをやりとりしたんです。
心ってやっかいじゃないですか。その女性は自分が愛されてこなかったから、今度は自分の子どもを愛せないっていう思い込みがあるんです。それは実際あるんだろうけど、猿だって学んで愛せるんだから、愛していないから抱っこできないというのも思い込みだったりするんです。もちろん自然に抱っこしたり、された経験がないから親和力というかな、人との関係がうまく育っていないというのもあるんだろうけど。
私はもともと看板職人だったんです。見習いのうちは兄弟子さんの字を見てまねて覚えていきます。それと同じだから「とりあえず、まねっこで抱っこするところから始めてみたらいかがですか。」とアドバイスをしました。
お母さんはあくまでまねっこで抱いている、という少し冷めた感覚があるかもしれないけれど、子どもにとっては、額に「これはまねっこよ」って書いているわけじゃないから、それまでそんなことされたことなかったからうれしいんですよ。それで学校や幼稚園から急いで帰ってきてくれるようになったそうです。そうすると逆にお母さんが子どもに助けられていく。うそっこで始まったけれど本当の抱っこになっていったんです。見合い結婚と同じで、形が先にあっても愛情が育っていくわけなんです。

園田
以前うちのだっこひものスリングを買ってくださったお母さんの言っていたことを思い出しました。「私は子どもが嫌いだったけれど、結婚して妊娠しました。だから抱っこして体にくっつけていないと、気持ちがついていかなくて虐待しちゃうんじゃないかと思って、くっつく道具を探してたんです。」とおっしゃっていました。きっと、抱っこすることで育つ愛情ってあると思います。
このエピソードはすぐに絵本にされたんですか。

内田
いえ、本にするとかは全く考えていなかったんです。その女性とのやりとりを1年、2年 と続けていくなかで、ふとある日「まねっこでいいから」というフレーズがふわっとした柔らかさをもって「来た」んです。それは「子どもとうまくいくようになりました。」ってメールをくださったからだとも思うんですが、そのフレーズと、その女性のことと、私自身のことが重なりあってきて。それで書き出したんです。
それから絵本を書いていくうちに物書きのカンで、このまんまお母さんと娘だけで書いていったらこれはとても息苦しい話になるだろうと思えてきて・・・。だけどこちらの願いとしては、まねっこでいいからということで抱っこされたお母さんと子どもがともにこう、救われるところへいくというのを書きたいわけなんです。そんなときにふっと応援団が来てくれました。それが話の中に登場する犬と猫とうさぎで。

園田
なるほど、あのシーンはとても微笑ましいですよね。
 
内田
ここがないとやっぱりやせていてだめなんです。あと、もうひとつは「とっくんとっくんとっくん」という心臓の音です。これは考えて出てくるものではなく、書いているときに自然に出てくるものなんですよ。絵本というのは短いですから、なにか本の運命を決する響きみたいなのがあるといいんです。それが浮かんだ瞬間、これは絵本として上手くいくだろうと感じました。
 
園田
「とっくんとっくん」というフレーズは絵本の中から本当に聞こえてくるように感じて、実際に子どもを抱っこしている感覚になりました。

赤ちゃんの脳はビックバンの段階

園田
ちょっと絵本とアプローチは違うんですが、うちの会社は抱っこする道具を作っています。だっこひもといっても赤ちゃんを運ぶためではなく、意思をもって抱くということ を考えた密着した抱っこを提案したいと思っています。でも今日電車の中で見ていても、赤ちゃんを抱っこしている人っていないんですよ。みんなベビーカーを押して電車に乗ってきます。
 
内田
そうそう、私びっくりしたんですよ。以前電車で一緒に乗ってきたお母さんがベビーカーに赤ちゃんをのせてきて。電車に乗っている間、お母さんはずっと携帯をぴっぴとしているんです。その横で赤ちゃんは一生懸命にばあばあとか何かを言っていたんです。赤ちゃんの脳は急成長しているビックバンの段階にあるから必死に言葉にならない言葉で話しかけて、その反応を欲しがっているんでしょう。でもお母さんはずっとぴっぴやっていてひとつも話しかけない。

園田
よく見かけます、そういう光景。赤ちゃんが必死になにか言ってるんだけど、そのお母さんにとっては言葉をしゃべっていると認識されていないんでしょうね。
 
内田
それであのお母さんはあの子が小学校4年生くらいになったら絶対言うんですよ。「どうしてあなた国語がこんなにできないの!」って。(笑)

園田
ははははは。
 
内田
「あなたのせいなんだよ!」って言いたいけれど。それで中学くらいになったら「なにいってんだてめえ!」って子どもに言われるようになってしまいます。お母さんはその理由が分からないだろうけど、ほんとはお母さんのせいなんです。

対談企画 「まねっこでいいからだっこして」第二部へ続く


内田麟太郎さんプロフィール

福岡県大牟田市出身。19歳にて上京後詩を書きながら看板職人として働く。38歳から子どもの本を仕事とするように。絵本や童話で数々の賞を受賞。
著書は絵本「さかさまライオン」(絵/長新太 童心社)、「うそつきのつき」(絵/荒井良二 文溪堂)「がたごとがたごと」(絵/西村繁男 童心社)、「おれたちともだち」シリーズ(絵/降矢なな 偕成社)童話「ふしぎの森のヤーヤー」(金の星社)、詩集「きんじょのきんぎょ」(理論社)など他多数。

内田麟太郎ホームページ
http://www.max.hi-ho.ne.jp/rintaro/index.html

内田麟太郎さん著書ご紹介

内田さんは非常に多くの本を手がけていらっしゃいます。ここに挙げるのはそのほんの一部です。
著書一覧はホームページにてご覧いただけます。

絵本 ともだちや
絵:降矢なな
(偕成社)

絵本 うそつきのつき
絵:荒井良二
(文渓堂)

絵本 おかあさんになるってどんなこと
絵:中村悦子
PHP研究所

エッセイ 絵本があってよかったな
(架空社)


おすすめ商品情報

キュット ミー!
ブリティッシュタータン

くしゅっとした生地がかわいいサッカー地です。サッカー地は夏場のシャツやスカートにも使われることが多い生地。軽くてつけ心地も抜群です。 >>キュット ミー!商品ページへ

キュット ミー!
しじら織り さくら

定番のしじらシリーズの中でも人気の高いさくら。最近は男性のシャツなどにも使われることの多いピンク。男女共用も可能です。 >>キュット ミー!商品ページへ

キュット ミー!
楊柳(クレープ)チョコトリコ

さらっさらでシャリ感のある楊柳地とキュートな配色のチェックは相性抜群。お洋服にも合わせやすいデザインです。 >>キュット ミー!商品ページへ

キュット ミー!
しじら織り 水色

清涼感ある水色で夏場の抱っこもすっきり。着けている人の顔も明るく見せてくれる美しくやさしい色合いが人気です。 >>キュット ミー!商品ページへ


抱っこは簡単3ステップ!
はじめてのだっこひも体験という方でも、とても簡単にできちゃうんです。

「これなら俺でも使いやすそう!」というお父さんの声が多いタートリーノNEO。
すんなり抱っこできたら、毎日の子育てにも自信が持てそうですよね。

さあ、おんぶに挑戦!
おんぶができると家事の効率がぐんと上がるんです。
背中の赤ちゃんとおしゃべりしながらお料理・・。コツがつかめればおんぶも簡単!

「おんぶをするようになって、子育てにゆとりができた」という先輩ママの意見。
月齢が進むとおんぶは家事に必須になる人が多いんです。

北極しろくま堂オリジナル抱っこ紐 タートリーノNEO コムマルチイエロー

タートリーノNEO
コム/マルチイエロー

とっても元気なストライプの柄は赤ちゃんの記憶にもきっと残るはず。 赤ちゃんの抱っこデビューにお勧めです。 >>だっこひも商品ページへ

タートリーノNEO
ダンガリーココア

やさしい色合いのココアはどんなお洋服とでも合わせやすいですね。 同色の肩ひもはだっこした背中もすっきり見せてくれます。 >>だっこひも商品ページへ

タートリーノNEO
ブラックウォッチ

定番のブラックウォッチはタートリーノNEOでも人気があります。
悩んだらこれで間違いなし! >>だっこひも商品ページへ

タートリーノNEO
コム/マルチイエロー

おしゃれなお父さんからも大人気のモノブラック。黒の肩ひもでだっこもおんぶもスマートにかっこよく。 >>だっこひも商品ページへ

へこおび
チョコトリコ

スリングでも人気のチョコトリコは優しい色合いのチェック。
楊柳地はこれからの季節のだっこやおんぶにも最適です。 >>へこおび商品ページへ

へこおび
ブラック/ティアン

シックな色合いの黒地に薄紫のふちどりが美しい兵児帯です。
きゅっと結んだリボンが素敵な後ろ姿を演出します。 >>へこおび商品ページへ

へこおび
ペールグリーン/ストライプ

シックな色合いの黒地に薄紫のふちどりが美しい兵児帯です。
きゅっと結んだリボンが素敵な後ろ姿を演出します。 >>へこおび商品ページへ

へこおび
ピーチ/ドット

シックな色合いの黒地に薄紫のふちどりが美しい兵児帯です。
きゅっと結んだリボンが素敵な後ろ姿を演出します。 >>へこおび商品ページへ


新製品情報

おんぶワンピ
ナオミ

ブルーのナタリーの色違い。軽めの素材なので、夏場から秋にかけても使いやすく、合わせやすい色です。たてのストライプがすっきりおんぶを演出。

再入荷情報

北極しろくま堂 へこおび ペールグリーン/クリザン

へこおび
ペールグリーン/クリザン

綺麗なペールグリーンの楊柳地に和柄のバイヤステープの組み合わせです。以前から人気の組み合わせが復活しました。


次号予告

対談企画「まねっこでいいからだっこして」第二部
今号の第一部では、絵本「まねっこでいいから」ができるまでをお話しいただきました。第二部では親子関係や内田さんの作風の素になっていること等、もっと深いところまで話が進みます。お楽しみに。


編集後記

子育てに自信のない方もぜひ!
静岡カスタマーセンターの一角にあるショップスペースに訪れるお父さん、お母さん。最初から「スリングがほしい」「おんぶひもを見に来た」、という方もいらっしゃいますが、「どれがいいか分からなくて試しに来ました」という方が大半です。
そこで商品を赤ちゃんやお人形を使って一通り試していただくのですが、使ってみて「これはとても簡単ですね!」というご感想をいただくのが、「タートリーノNEO」です。
今回の対談でも「抱っこすることで育つ愛情」もあるんじゃないかと店主園田が言っています。子育てに自信のない新米パパ、ママにこそ「タートリーノNEO」のようなだっこひもを使ってベビーウェアリングでの子育てを楽しんでいただきたいなあと思います。赤ちゃんの気持ちにも気づきやすくなって、日々のお世話も楽になるベビーウェアリング。「タートリーノNEO」を使って子育てをもっともっと楽しくしましょう。
SHIROKUMA mail editor: MK

EDITORS
Producer Masayo Sonoda
Creative Director Mayu Kyoi
Writer Mayu Kyoi, Masahiko Hirano
Copy Writer Mayu Kyoi, Masahiko Hirano
Photographer Yasuko Mochizuki, Yoko Fujimoto, Keiko Kubota
Illustration 823design Hatsumi Tonegawa
Web Designer Chie Miwa, Nobue Kawashima(Rewrite)
 
☆Happy Nurturing☆
HOKKYOKU SHIROKUMADO
/