BLOG ブログ

vol.16 対談企画「あなたを産んで本当によかった!」第一部

vol.16 対談企画「あなたを産んで本当によかった!」第一部
News・相談会情報はこちらへ

「バースコーディネーター」の大葉ナナコさんは、女性の人生においてお産がすばらしい体験となるよう、産前産後はもちろん、妊娠前の女性たちへお産に関する学びの場を提供したり、子どもたちに「命の力のすばらしさ」を伝えたりと多岐に渡りご活躍されています。近著の文庫本「怖くない育児」が講談社から出版され、バースコーディネーターという肩書きはますます周知されつつあるもののその職務が具体的にどんなものなのかはまだ広く知られていないようです。そこで、バースコーディネーターという職業を「産んだ」大葉ナナコさんを訪問し、その視点から見たお産の現状や育児のあり方などについて店主の園田と対談していただきました。2男3女のお母さんでもある大葉ナナコさんの等身大の子育て哲学もちりばめられた、大変興味深い内容です。どうぞご覧ください。

バースコーディネーター

園田
テレビや雑誌で大葉さんのご活躍を拝見するようになり、バースコーディネーターという職業があることは知られるようになりましたが、その仕事がどんなものなのかはまだ広く知られていないように感じます。

大葉
わたしがバースコーディネーターという職業をつくったのが97年。後にバースコーディネーターの養成をはじめたのが2003年末です。2008年の現在、公認バースコーディネーターは私を含めて10名だけです。初期メンバーは丁寧に研修を行って養成しているため、まだ少ないのが現状ですが、研修生は何十名もいます。バースコーディネーターはおなかに命を宿している方々と接する場面も多いので、産婦人科医の先生や助産師の先生による専門的な講義を受けます。また他の研究会にも参加し、エビデンス(根拠)のあるサポート知識を身につけます。加えて、産後の女性たちのためのクラスで必要なファシリテーションスキルとしてベビーマッサージやボディケア、お産の振り返りなども合わせ2年半たっぷりかけて誕生学アドバイザー(1) からバースコーディネーター研修基礎科、専科、研究科の4つの研修を修了した方だけがバースコーディネーターになることができます。面授の授業(2) は月に2回のみ。その上この資格をとろうとしている方々は通常育児の真っ最中でとてもお忙しい。短期間に修得できる技能ではないのが実情です。

バースコーディネーターとは

バースコーディネーターは、新しい命に向き合う“妊娠前、妊娠中、産後”の時期に、女性やカップルの、心とカラダと暮らしをサポートし、QOL(人生の質)の向上に貢献できる技能を持つ人材です。
自然で優しい妊娠・出産・育児情報など「知識、意識、セルフケアスキル」を提供し、未来を楽しみにするための「コト、ヒト、モノ」をつなぎます。
女性やカップルで参加できる各種クラスを開講し、行政の両親学級や地域子育て支援団体と連携して妊産婦支援をしています。また、児童たちにも優しい自然な命の誕生を伝える「誕生学(商標登録済)プログラム」を保育園や学校にお届けするゲストティーチング活動もしています。バースコーデイネーターが所属している日本誕生学協会が活動母体となっています。
また、報道やメディア制作のお手伝いや、テレビの出産シーン監修もし、これから産む世代の出産イメージが優しいものになるように、その情報を入手できるように全国で活動しています。
http://www.birth-sense.com/birth/

園田
具体的にどのようなステップをふんでバースコーディネーターになるのですか?

大葉
「産まれてきた力、産みゆく力、つなげたい」がわたしたちのスローガンです。
そこで、まずは小学生の子どもたちに、命の力のすばらしさを伝えるのがバースコーディネーターになるためのファーストステップです。このお仕事を「誕生学アドバイザー」と呼んでいます。
子どもたちを相手に、「女性の産む力」と「子どもたち自身が産まれてきた力」のすばらしさを“魅力的”にプレゼンテーションするのです。話を聞いた子どもたちが“産まれてきたわたしはすごい! ” “自分もいつか子どもを産むのが楽しみ! ”といった感想が持てるように、命の誕生は嬉しくてわくわくすることだと考えてくれるように伝えるのです。
また、この年齢の子どもたちに合わせて伝えているのは、このすばらしい命の力が新しい命を産みつないでゆく能力が、時として病気で失われることも防ごうということです。性腺刺激ホルモンが分泌されるようになり、異性に対して性的な関心を持ち始める年頃ですから性感染症予防の知識も得てほしい。
 
園田
大葉さんは、ご著書「いのちはどこからきたの?」の中でも性のことをごまかさないでちゃんと伝える方法を説かれていますが、わたしは自分の子どもにこうしたことを伝えるのが母親として難しいなと感じます。

大葉
難しいと感じるお母さんは大勢いらっしゃいます。そのような場合でも、“あなたを産んで本当によかった”ということだけは必ずお母さんご自身がお子様に伝えて欲しいと思います。
性教育については、そのしくみを子どもに伝えることが得意な人が言えば良いのです。わたしなどは情報伝達のプロなので、生理や性感染症のことをどのように伝えると子どもは良くわかってくれるということが体得できています。おともだちのお母さんたちから“うちの子どもにも話して”とお声かけ下さり機会をいただくこともしばしば。地道に仮説と検証を繰り返して、ますますアイデアが湧いて、プログラム化しました。
 
園田
是非静岡でもお話していただきたいです。
娘に“お母さんはどうやって赤ちゃんができたの?結婚するとできるの?”なんて聞かれたときは、“セックスをするんだよ” “セックスって何?”という具合で会話をするのですが、彼女は全然わかっていない様子です。
 
大葉
子どもたちに伝えるときは「物語」を伝えてから、モノの説明をします。物語も、まずは自分自身が誕生してきたときの話が良いと思います。子どもたちは自分がどうやって生まれてきたのかという話が大好きなのです。
“○○ちゃんは、お母さんのおなかのなかで大きくなったころに、もうお母さんに会いにいくから、わたしを押し出してって、生まれ出てくる準備を自分でしたんだよ。しかも、頭の骨を自分で動かして頭を小さくして、あごを引いて丸くなって、お母さんの命の道を通ってきたの。○○ちゃんには、命の力がいっぱいあったんだよ。”という具合です。
バースコーディネーターや誕生学アドバイザーは、こうした命の物語を今から20年後に親になる人たちにも聞いてもらえる機会を増やしてゆきます。
またその一方で、今、親になったばかりの人たちには、赤ちゃんといっぱいふれあう愛情にあふれた育児を促して、子どもたちが9歳、10歳になって性腺刺激ホルモンが分泌しはじめたときには、ちゃんと命の話を聞けるように準備をしてゆくお手伝いをします。子どもが「自分は愛されている」といった感情を持っていないと、命の話は意識の中に入りにくいからです。高校生が“人を殺してみたかった”などと言ったりする事件があります。誕生してきた命がどれだけ大切なものなのかがわからないからです。これは親のせいだけではありません。テレビをつければ人間をばかにするような内容の発言や、人の体の欠点ばかりを言うような漫才を見せるバラエティ番組が目立ちます。メディアリテラシーを知らない子どもたちは、こうした命の尊さとは無縁の番組に洗脳されやすいです。

園田
今の子どもたちはいろんな類の情報をいとも簡単に手に入れることができます。わたしの一番上の子がいま小学5年生なのですが、漫画を読みはじめました。その内容は、どうしたら異性に好いてもらえるのかといった恋愛を中心に描かれたストーリーがほとんどです。好きな子にキスをしたとかしないとか、告白ができたとかできないとか。
現実的には恋愛以外にも熱中できることがたくさんあります。スポーツであったり、様々な趣味であったり、もちろん勉強が好きな子もいるでしょう。毎日の生活の中で考えたり悩んだりすることはもっと幅広いはずなのに、漫画の中の世界観の狭さにびっくりしてしまいました。

I message

大葉
“お母さんは、あなたがこういった本を読まずに本当に世の中でおこっていることを知ってもらえたらうれしいよ。” “読んでいくうちに、あなたが、そこに描かれている内容が世の中で一番大切って思っていったら、お母さんは悲しいよ。”そう伝えると、良い影響があると思います。これは「I message」といいます。I、つまり「わたし」であるお母さんはこう思うと伝える方法です。
大切なことを子どもに伝えるとき、わたしはいつもI message です。
あるとき、わたしの長男が学校に呼び出されました。10人くらいのグループで何か悪さをしたというのです。そのときわたしは真剣に怒ったのですがこの「I message」でしっかりこう伝えたのです。
“わたしは本当にあなたが産まれてきてくれてよかったって思っているよ。あなたはお母さんがいいって思ったから、おなかの中に入ってきて、産まれてきてくれたんでしょう?だからわたしはこの子のためなら! と思っているの。あなたが将来この大学に行きたいとか、こんな力をつけて世の中の人に喜ばれる仕事をしたいって考えたときに、その道を進むための「切符代」をつくるためにもわたしは一生懸命仕事をしているよ。”

“このバースコーディネーターの仕事は、あなたが産まれてきてくれたから生むことができた仕事なの。一人の人間を育てることはとても不安だったけれど、この不安はみんなも感じているって気がついて、不安解消の仕事があったら他のお母さんたちみんなを助けられる! と思って、それでこの仕事を始めたんだよ。全部、あなたのおかげなんだよ”
話し終えたら、お互いに涙顔。当時の息子は中学三年生でしたが、それからすごく落ち着いて、素直になりました。
子どもがひざからおりたら、次は会話の深さです。スキンシップももちろん大切ですが、会話の深さがより重要になってきます。“どんな仕事をして世の中の人があなたに対してありがとうって言ってくれたら嬉しい? わたしたちはみんな、誰かに喜んでもらいたいなと思って仕事をしているよ”って。そうすると、子どもは自分のどの力を使ってまわりの人に喜ばれようかということを考え、やがて進路が明確になってくるのだと思います。

園田
一番上のお嬢さんも進路が決まったそうですね。

大葉
そうです。この春から看護助産学校に進学します。長女の夢は、助産師さんになること。
彼女が小学2年生の時にわたしは4番目の子を妊娠したのですが、ある日彼女が“ママ、赤い、お米くらいの赤ちゃんがおなかのなかでぴかぴか光っているよ”って言ったのです。その時わたしはまだ生理が止まっているかどうかもわかっていませんでした。“あれっ?そういえば今月まだきてない?”って。彼女は5番目の子を妊娠したときもわかったって言っていました。その5番目の子の出産は、長女も立ち会いました。小学6年生でしたね。
よくみんなから“あなたの影響ね”って言われますが、わたしはそう思っていません。助産師になりたい魂をもった子が、我が家を選んだ気がします。“ここだと学生時代にお産に立ち会えそう”って(笑)。

対談 「あなたを産んで本当によかった!」第二部


*1 「生まれてきたことが嬉しくなると、未来が楽しくなる」をコンセプトに「命の力を伝える」ライフスキル教育プログラム。(日本誕生学協会HPより)http://www.tanjo.org/index_2.html
*2 バースコーディネーターとしてのメンタリティーなど、文書を読むだけでは伝えきれないことを伝授するレッスン。


大葉ナナコさんプロフィール(バースセンス研究所HPより)

東京都出身。女子美術大学短期大学部生活デザイン科卒業。
87年の初出産時から産前教育や産後の精神保健に関心を持つ。国内外で妊娠・出産の生理やサポート、出産準備教育について学ぶ。テレビの育児番組制作や出版などで出産育児関連の情報コーディネイターを続けながら通信制大学で心理学や社会思想、哲学を単位修得。
1997年より妊娠前から学べる講座を助産師と開講。2003年、バースセンス研究所を設立。2005年日本誕生学協会設立。産後の女性支援やパートナーシップ支援、心身に優しく豊かな出産を実現するための調査・研究に従事。講座運営、行政民間での講演、執筆、調査研究、商品開発、テレビ番組の出産シーン監修などで活躍中。
2003年度よりバースコーディネーター養成研修を開講し、次世代支援の人材育成中。20歳から6歳までの二男三女の母。
バースコーディネーター/ヘルスカウンセリング学会認定グループカウンセラー/ 2003年度厚生労働省子ども家庭総合研究事業”親と子のコミュニケーションスキル向上検討会”委員/2004年東京都専門指導員研修講師(ベビーマッサージ)/2006年東京都青少年問題協議会員

大葉ナナコさんの著書ご紹介

怖くない育児
出産で変わること、変わらないこと
(講談社)

赤ちゃんも私もハッピーになる
‘ゆるむ’育児のススメ
(実業之日本社

心が伝わるはじめてのベビーマッサージ/DVD

いのちってスゴイ!赤ちゃんの誕生
おなかの中のドラマと生きる力
知の森絵本(素朴社)


キュットミー!
しじら織り 水色
これからの季節に涼しげな水色のしじら織り。ジーンズやチノクロスパンツにも似合います。少し甘い雰囲気のニュアンスもあるので、フェミニン&カジュアルなコーディネートにもフィット。 >>キュット ミー!商品ページへ

キュットミー!
しじら織り ベージュギンガムチェック/レイシー
大人気のベージュギンガムチェックの柄をしじら織りで織ってみました。通気性も抜群のうえに、雑貨屋風のイメージに仕上がりました。テールの裾にはオフホワイトのレースを合わせてコーディネート。 >>キュット ミー!商品ページへ

キュットミー!
グランデ/スモーキーオレンジ
暖色系の同系色を数種類をコーディネート、なかにサッカー織りや平織りを組み合わせています。色のつなぎ目(織り)も赤ちゃんがかわいい爪でひっかかないように工夫しました。とても凝った生地で、高級感があります。しろくま堂のオリジナル生地です。 >>キュット ミー!商品ページへ

キュットミー!
ブリティッシュタータン
暑い時期に活躍するサッカー地のタータンチェック柄を織りました。しろくま堂のオリジナル生地でスリング用の強度もばっちりです。男性にも女性にもコーディネートしやすい柄で先の百貨店バイヤー向けの展示会でも人気No,1でした。 >>キュット ミー!商品ページへ


おんぶひも
デニム/ヒッコリー(うら)
全体にジーンズのデニム地を使用し、背当てにヒッコリーストライプの生地を配しました。色落ちする可能性がありますので、使用前にお洗濯してください。ストライプ面はおんぶしたときに内側になるので見えません。 >>おんぶひも商品ページへ

おんぶひも
ベージュ/レイシィ(おもて)
黒地にバラの絵がレース模様で縁取られている生地をベージュツイルにあわせてみました。薔薇の周りのレース模様は本物に見えるくらいリアルですよ。有輪商店のプリント生地です。 >>おんぶひも商品ページへ

おんぶひも
デニム/ふくら菊(おもて)
デニムに藍色のふくら菊の生地をあわせてみました。渋くてかっこいいおんぶ紐になりました。色落ちする可能性がありますので、使用前にお洗濯してください。おんぶしてもプリント面がみえる(おもて)生地です。 >>おんぶひも商品ページへ

おんぶひも
総柄/プント/G
よくみるとドット(水玉)の地模様がはいっている凝ったコーデュロイ生地です。起毛生地のおんぶひもは止まりがよくすべらないのでとても扱いやすいです。季節を問わず活躍します。色違いのバイオレットも。 >>おんぶひも商品ページへ


北極しろくま堂オリジナル 雑貨屋風エプロン
キッチン
カラフルでかわいい生地をパッチワークしています。かわいいエプロンをお探しの方はいかがでしょうか? 紐やポケットはイエローの生地を使用しています。ギャルソンタイプではないのでお尻はカバーしません。 >>小物・おもちゃの商品ページへ

北極しろくま堂オリジナル 雑貨屋風エプロン
カフェ
カラフルでかわいい生地をパッチワークしています。かわいいエプロンをお探しの方はいかがでしょうか? 紐やポケットはブルーの生地を使用しています。ギャルソンタイプではないのでお尻はカバーしません。 >>小物・おもちゃの商品ページへ

北極しろくま堂オリジナルエプロン
ショート/ブラック/ふくら菊
ショート丈のツイル生地。ポケットの部分に同系色の和柄を使っています。この和柄はちりめん収集家であり和柄のデザイナー「イタヤナオミ」さんの生地です。 >>小物・おもちゃの商品ページへ

北極しろくま堂オリジナルエプロン
ショート/ブラック/クリザン
ショート丈のツイル生地。ポケットの部分に同系色の和柄を使っています。この和柄はちりめん収集家であり和柄のデザイナー「イタヤナオミ」さんの生地です。 >>小物・おもちゃの商品ページへ



次号予告

店主・園田
「大葉さんの娘さんのように、学生時代に自分の兄弟姉妹の誕生に立ち会えるといった環境がある一方で、わたしはいま日本の女性たちに、お産に関する本来知られるべき情報がちゃんと行きわたってないと感じます。」
「お産の情報」「抱っこの本質」ほか、第一部に続き注目のテーマで展開する対談第二部をお届けします。どうぞお楽しみに。


編集後記

海外のおんぶひもファン
海外のお客様やショップ運営の皆さまから当社の製品に関するお問合せが増えつつある中、抱っこひもやおんぶひものことを海外サイトでリサーチする頻度も高くなってきました。
はい、そこで。皆さんは、海外では寿司や着物が日本語のままSushi、Kimonoで通じてしまうように、日本の伝統的なBabywearingツールの一つ、「おんぶひも」も、そのままOnbuhimoで通じてしまうって、ご存知でしたか〜?!
実は、そうなんですよ! 日本のおんぶひもが海外でも広がりつつあるなんて、私はこの業界に入るまで想像もしませんでした。注目度はすごく高くて、ショップさんが販売用に製造しているのはもちろん、個人のお母さんが趣味でつくっていたりもするんです。おんぶひもの作り方を教えている海外ブログも発見しました。
ちなみにOnbuhimoの使い方は皆さん思い思いに工夫されています。ショップHPや個人ブログに掲載されている画像を見ると、おっぱいが飛び出る前バッテンを敬遠してか首の根元でクロスさせたり、リュック式にしてみたり。安全におんぶできているのかちょっと不安になるんですが、「Onbuhimoでおんぶしていれば家事もできてバスにも乗れてハッピーで〜す」なんてコメントがあれば、ええもう、言う事はありません。Happy Nurturing!
SHIROKUMA mail editor: MT

EDITORS
Producer  Masayo Sonoda
Creative Director  Makiko Tsuda
Writer  Makiko Tsuda, Masahiko Hirano
Copy Writer Makiko Tsuda, Masahiko Hirano
Photograph  Yasuko Mochizuki, Yoko Fujimoto, Keiko Kubota
Illustration  823design  Hatsumi Tonegawa
Web Design  Chiharu Suzuki, Nobue Kawashima (Rewrite)