おんぶ育児のメリットや注意点は? お役立ちアイテムも詳しく解説!

今、おんぶ育児が見直されています。赤ちゃんをおんぶしながら育児すると、親との自然なスキンシップが生まれて赤ちゃんが落ち着きやすいなど、数多くのメリットがあるからです。しかし、おんぶ育児を上手に行うには、いくつかのコツがあります。安全に快適に赤ちゃんをおんぶするためにも、おんぶ育児のメリットをはじめ、注意点もきちんと理解しておくことが大切です。

そこで今回は、おんぶ育児のメリットについて詳しく解説します。

  1. おんぶ育児が見直されている理由は?
  2. おんぶ育児にはどんなメリットがある?
  3. おんぶの開始時期について
  4. おんぶ育児をするときの注意点
  5. おんぶ育児に役立つアイテム
  6. おんぶ育児のメリットに関するよくある質問

この記事を読むことで、おんぶ育児のポイントや注意点がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

続きを読む



赤ちゃんをお世話しながら家事をするコツや注意点は? おすすめのグッズも!

「昼間はワンオペなので、赤ちゃんのお世話と家事を両立するよい方法はないか」「赤ちゃんを見ながら家事をするときの注意点を知りたい」とお考えではありませんか? 赤ちゃんは自分の意思や状況を伝えるのが難しかったり、何が危険なのかを理解できないこともあります。そのため、まずは赤ちゃんの安全を確保することが重要です。ぐずぐずしていると放っておけないという気持ちにもなりますよね。しかし、赤ちゃんのことばかり気にしていると、家事がはかどらないばかりか、親の心身に大きな負担がかかり、参ってしまうことでしょう。

そこで今回は、赤ちゃんをお世話しながらの家事について詳しく解説します。

  1. 赤ちゃんを世話しながら家事をするのは大変
  2. 赤ちゃんを世話しながら家事をするコツ
  3. 赤ちゃんを世話しながら家事をするときに役立つグッズは?
  4. 赤ちゃんを世話しながらの家事に関するよくある質問

この記事を読むことで、赤ちゃんをお世話したり、見ながら家事をするときのポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

続きを読む



赤ちゃんとの外出時に新型コロナウイルス感染症に気を付けること 〜抱っこひもの洗い方〜

抱っこ紐のお洗濯

新型コロナウイルス感染症による外出自粛が徐々に緩和されるなどして、赤ちゃんとのお出かけや散歩に出る方も増えていくことでしょう。もちろん赤ちゃんは外の環境にも触れることも成長のためには不可欠なので、感染を避けながら新鮮な空気を体験させてあげたいですよね。

この記事では、新型コロナウイルスに限らず、赤ちゃんを感染症から守るためのアドバイスをまとめます。

  1. 赤ちゃんにとってのウイルス感染
  2. 外出に使う抱っこひもの対応方法(COVID-19対策)

続きを読む



『抱きぐせ』の誕生と消滅

我が子を抱っこする父親

現代では否定されている『抱きぐせ(癖)』。聞いたことはありませんか?

日本では『抱きぐせ』を付けないようにということが1960年代(昭和35~40年代)以降は特に言われてきました。もしかしたら、2020年の現在でもそのように言われたことがあるママやパパがいるかもしれません。

この記事では、『抱きぐせ』がいつどこで言われるようになったのか、その内容や考え、経緯について紹介していきます。

  1. 抱きぐせはいつから言われるようになった?
  2. スポック博士の育児書以降
  3. 最後に

続きを読む



一歳児の育児にあったら便利なグッズは? 育児が楽になる19選を紹介!

「一歳児の育児で毎日大変だけど、何か便利なグッズはないだろうか」「一歳児の育児が楽になるグッズを詳しく知りたい」とお考えではありませんか? 一歳児は育児でやるべきことがグンと増えて、毎日がとてもハードですよね。少しでも育児の負担を減らせるグッズがあれば、使ってみたいことでしょう。しかし、実際にどんな場面でどんなグッズが便利なのか分かりづらいものです。

そこで今回は、一歳児の育児にあったら便利なグッズについて詳しく解説します。

  1. 一歳児の育児にあったら便利な授乳グッズ
  2. 一歳児の育児にあったら便利なお出かけグッズ
  3. 一歳児の育児にあったら便利な食事グッズ
  4. 一歳児の育児にあったら便利なお風呂グッズ
  5. 一歳児の育児にあったら便利な洗濯グッズ
  6. 一歳児の育児にあったら便利なグッズでよくある質問

この記事を読むことで、一歳児の育児にあったら便利なものと選び方がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

続きを読む



前向き抱っこのお悩み解決します。いつから? どんな時に? 赤ちゃんへの影響は?

前向き抱っこにして赤ちゃんのお顔を見せると「かわいい」と言ってもらえることがありますよね? 親としては嬉しい反面、「抱っこ紐で前向き抱っこをしてもいいのか」という悩みや、「どんな抱っこ紐を使えば前向き抱っこができるのか」、「いつから前向き抱っこできるのか」というお悩みも聞きます。

素手で浮き輪のようにした中に赤ちゃんのお尻をすっぽりと入れる前向き抱っこは、赤ちゃんの背中の緊張をとるのにも役立ちます。

今回は抱っこ紐を使った前向き抱っこの解説と赤ちゃんへの影響、やり方などを紹介します。

目次

  1. 前向き抱っこのメリットとデメリット
  2. 1-1.前向き抱っこのメリット
    1-2.前向き抱っこのデメリット
    1-3.何を目標にするか考えてみる
  3. 抱っこ紐をつかった前向き抱っこの実際
    2-1.【前向き抱っこ】抱っこ紐をつかっていつからできる?
    2-2.【前向き抱っこ】抱っこ紐で前向き抱っこをする方法
    2-3.【前向き抱っこ】抱っこ紐で前向き抱っこをするときの注意点
  4. よくある質問
  5. まとめ

続きを読む



赤ちゃん連れの外出で知っておきたい注意点は? 持ち物や時間帯も!

「赤ちゃんはいつから外出させたらよいのか?」「赤ちゃん連れの外出に持っていくべきものを知りたい」という人は多いでしょう。生まれたばかりの赤ちゃんは基本的に家で過ごすことがほとんどですが、成長とともに少しずつ、赤ちゃんとの外出の機会が増えていきます。一般的に、赤ちゃんのお出かけデビューはいつごろがよいのでしょうか。

この記事では、赤ちゃんが外出できるようになる時期や外出するメリット・外出する際の注意点などをまとめてご紹介します。

  1. 赤ちゃんはいつから外出できるのか?
  2. 赤ちゃんが外出するメリットを紹介
  3. 赤ちゃん連れの外出で用意すべきものは?
  4. 赤ちゃんとの外出で注意すべきポイント3つ
  5. 赤ちゃんとの外出に関するよくある質問

この記事を読むことで、赤ちゃん連れの外出で持っていくと便利なアイテムや、外出におすすめの時間帯などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

続きを読む



おむつ漏れ対策を知りたい方へ! 主な原因や漏れないコツを詳しく!

赤ちゃんのおむつ漏れでお困りではありませんか? 赤ちゃんのおむつ漏れでは、汚れや臭いが発生して困ってしまいますよね。掃除や洗濯も大変ですし、外出先だと周囲に迷惑がかかるのも心配です。それに、赤ちゃんにも不快な思いをさせてしまうことでしょう。おむつ漏れ対策をきちんと行うためにも、まずは、どんな原因や場面で起こりやすいのかを理解する必要があります。

そこで今回は、おむつ漏れ対策について詳しく解説しましょう。

  1. おむつ漏れが起こりやすいのはどんなとき?
  2. おむつ漏れが発生する原因は?
  3. 赤ちゃんのおむつ漏れ対策
  4. おむつ漏れ対策に関するよくある質問

この記事を読むことで、おむつ漏れの原因や対策法がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

続きを読む



へこおびとベビーラップを徹底比較する〜あなたはどちらを選びますか?〜

北極しろくま堂では2019年より厚みのある生地を使ったへこおびを発売しています。主にジャガード(織り)を採用していますが、なかにはドビー(織り)の製品もあります。これまで厚みのある生地はベビーラップに採用することが多かったのですが、へこおびに使うようになった流れには理由があります。子どもの重みがかかっても使用者の負担になりにくい、体重の分散がしやすいというメリットがあるからです。

へこおびとベビーラップはカタチも用途も似ているので悩んでいる方も多いと思います。この記事を読めば、あなたがへこおびを選ぶべきかラップに行くべきか、どちらを選んだらよいのかすっきりわかりますよ!

目次

    1. へこおびとベビーラップの比較
      1-1.大きさと重さ
      1-2.できること、できないこと
      1-3.それぞれの起源
    2. へこおびをお勧めしたい方
      2-1.始めて布製の抱っこひもを使う方
      2-2.結び方や巻き方に悩みたくない方
      2-3.コンパクトに持ち運びたい方
    3. ベビーラップをお勧めしたい方
      3-1.抱っこやおんぶを徹底的に楽しみたい方
      3-2.布製抱っこひもに慣れた方
      3-3.ファッションとして楽しみたい方

続きを読む



ワンオペ育児を効率よく行うコツは? 心構えや息抜き法も詳しく解説!

「ワンオペ育児をしているけど、もっと効率よく行うコツを知りたい」「ワンオペ育児に挫折しないためのよい息抜き方法はないか」とお考えではありませんか? 今、育児を片親だけで行うワンオペ育児に注目が集まっています。仕事が忙しいなど何らかの理由があるとしても、ワンオペ育児をせざるを得ないのは、とても大変ですよね。本来なら子育てをひとりで行わざるを得ない社会を変えていくべきですが、今回はまず、少しでも負担を少なくするための方法をお伝えします。

  1. ワンオペ育児をしなければならないときの心構えは?
  2. ワンオペ育児を少しでも楽にするポイント
  3. ワンオペ育児に役立つ便利グッズ
  4. ワンオペ育児のママ・パパにおすすめの息抜き方法
  5. ワンオペ育児に関するよくある質問

この記事を読むことで、ワンオペ育児を少しでも効率よく行うポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

続きを読む



1 2 3 4 19