世界のだっこやおんぶ

人類が誕生して以来、赤ちゃんを育てるためには赤ちゃんと保育者(多くは母親だったと考えられています)は肌身離さず生活していました。
ヒトはその時代ごとに入手しやすいモノを用いて道具を作ったり、身近にあるモノを流用して抱いたりおぶったりしてきたようです。
それぞれの民族が持つ文化の違いはもちろんのこと、地形や気候などの環境もあいまって様々な方法が工夫され、伝承されてきました。
このページでは国や地域の抱っこやおんぶの仕方・道具をご紹介します。

※該当する記事がありません。