トップページネットショップへこおび ≫ へこおびの使い方

へこおびは前だっこもおんぶも可能です。
だっこは新生児(生後5日頃)から、おんぶはお首がすわってからお使いいただけます。
お首がすわればだっこの時、顔を出してあげてもいいです。
装着後布幅を広げるようにすれば、使用者も楽で、赤ちゃんにも優しくだっこ、おんぶできます。

はじめに

  1. へこおびは新生児から体重15キロ未満のお子様まで長くご利用いただけます。
  2. 授乳後30分位は使用しないでください。
  3. 首の座らない赤ちゃんを抱っこするときは、くびがぐらぐらしないようにご注意ください。
  4. おんぶは首がすわったお子様からご利用ください。
  5. おんぶするとき、お子様の足は左右に開いてあげるようにしてください。
  6. 連続して使用する時は、2時間以内が望ましいです。
  7. 自転車や自動車の運転時には使用しないでください。
目次へ

へこおびをつかっただっこ (うしろ結び)


1. 布の中央をゆるめにおなかに当てます。


2. 背中で交差させて肩にかけます。


3. 前でも交差させておなかの帯の下に通します。


4. 帯をそのまま後ろに回してしばります。


5. 赤ちゃんを抱きいれます。


6. 足を十分に広げ、交差している布を広げて背中を覆います。


7. はじめにおなかに当てた布を赤ちゃんの股から首部分を覆うように引き上げます。


     
目次へ

へこおびをつかっただっこ (まえ結び)


1. 布を三つ折りにして(折り方は以下のおんぶと同様にします。)布の中央を背骨にあわせ腰あたりまで布を垂らします。


2. 帯を胸の前で交差させます。


3. 背中の垂らした部分に前の帯を通します。


4. もう片方も通します。


5. おへそのあたりで結びます。


6. 胸の前で交差している布を広げます。


7. 赤ちゃんを抱き入れます。


8. 完成!

腰の安定しない赤ちゃんはこのように腰の辺りで結びなおすと安定します。

目次へ

へこおびをつかったおんぶ ※モデルの子どもは2歳児です。

1. まずおびの準備をします。おびを広げて、図のようにじゃばら折りで三つ折りにします。後のステップで赤ちゃんのおしりやご自身の肩を覆いやすくするためです。

2. へこおび全体の長さのちょうど半分のところがわかるように持ちます。
半分のところには1本線の縫い目がみつかります。

3. 2.で確認したちょうど半分のところを、お子様の背中の中心(背骨)部分にあてて、わきの下を通して胸の前でぎゅっと握りしめます。

4. お子様の背負い方は、背当て頭あてつきおんぶひもと同じです。お子様の胸の前で握ったひもは、ちゃんと背負うまで絶対にゆるめないでください。

お子様を背負うところからひもを両肩にかけて胸の前で交差させるステップまでは、背当て頭あてつきおんぶひもと同じです。こちらのページ「おぶいかた」の4.と5.をご参照ください。

5. 胸の前でひもを交差させたあとのステップでは両手が必要になりますので、一方のおびをご自身のひざとひざの間にはさんで固定ます。
前傾姿勢のままでこの作業をおこなってください。

6. ひざの間にはさんだおびはそのままで、もう一方のおびをひろげながらお子様のお尻とももをカバーするように後ろにまわしてゆきます。

このステップを横からみるとこんな様子です。

7. ご自身の前までまわったら、はさんでいたおびとかえて、もう一方も同じようにします。

8. もう一方もまわし終えたら、おなかの前でしばります。

9. 最後に肩の部分にあたるおびを広げてあげます。これにより肩こりを軽減することができますし、背中の部分もあわせて締まるので安定感が増します。
おしまいに、お子様の足をもう一度しっかり開脚させましょう。

赤ちゃんが寝てしまったとき、お首がだらんとなるのが気になるようならこちらのページをご参照ください。
目次へ

へこおんぶをつかったおんぶ

※北極しろくま堂のへこおびとセットでご使用ください。
頭当てをセットし、へこおんぶにへこおびを通します

1. 頭当てをセットし、へこおんぶにへこおびを通します。
※へこおびの中心(しろくまマーク)をへこおんぶの中央あたりにくるようにします。

赤ちゃんを広げたへこおんぶの上に寝かせます

2. 赤ちゃんを広げたへこおんぶの上に寝かせます。

赤ちゃんの脇の下にへこおびを通し、胸の前でぎゅっと握り・・・

3. 赤ちゃんの脇の下にへこおびを通し、胸の前でぎゅっと握り、赤ちゃんを膝の上もしくはソファなどの台に座らせます。
※このときへこおびの両端をまとめておくと、赤ちゃんを背中にのせたあと作業しやすくなります。不安があるならソファ等に赤ちゃんを座らせて・・・

へこおびの下に肩を入れ、赤ちゃんをひじで押しながら背中にまわします

4. へこおびの下に肩を入れ、赤ちゃんをひじで押しながら背中にまわします。

前かがみになり、緩めないようにへこおびを両肩にかけます

5. 前かがみになり、緩めないようにへこおびを両肩にかけます。赤ちゃんが肩ごしに向こう側を・・・

乳腺を圧迫しないよう胸の前で何回かねじり両脇のリングに通しますリングは赤ちゃんの足の下を通ります

6. 乳腺を圧迫しないよう胸の前で何回かねじり、両脇のリングに通します。リングは赤ちゃんの足の下を通ります。

へこおびをおなかの前で一度結び後ろに回して赤ちゃんのお尻の下で結びます

7. へこおびをおなかの前で一度結び、後ろに回して赤ちゃんのお尻の下で結びます。最後に肩の布を広げます。

頭当てを外すとより密着感が増して・・・
赤ちゃんの身長が低い場合は背あてを折り返して・・・

カスタマーセンター

北極しろくま堂有限会社

420-0868
静岡市葵区宮ヶ崎町91
TEL: 054-653-4700
FAX: 054-653-4701
E-mail: info@babywearing.jp
月〜金曜日 9:00-17:00 (祝日除く)
お支払い方法の詳しい説明は
特定商取引表示をご覧下さい。

だっことおんぶの専門店
北極しろくま堂有限会社・静岡市葵区宮ヶ崎町91
TEL: 054-653-4700 / FAX: 054-653-4701